山陽道・西国街道旅日記 十三日目(P67~68/P89)

288-1.jpg

空港に行き、ポートライナーで三宮駅に行き、乗換えして三ノ宮駅から明石駅に行き、タクシーで工場を訪問した。この場所も何回も来ているが、新幹線で来るのとは景色が違うように感じる。西明石5丁目信号を過ぎ、斜め左に行くと西国街道に戻り、100m程先を右に曲がり、明石城跡に向う。

288-2.jpg

明石川の嘉永橋を渡り、右に曲がり道なりに行くと、織田家長屋門がある。案内板によるとこの付近は明石城築城の当時から歴代家老・重臣が住んでいた屋敷跡で、門は舟上城(ふなげじょう)から移籍されたもの、築城は江戸時代初期のもので、門の留め金は室町後期の様式を伝えているという。1020分、明石城跡に到着した。

288-3.jpg

入口に大洋漁業株式会社の創業者・中部幾次郎翁の銅像が建立されてあった。幾次郎翁は慶応二年(1866)明石市東魚町(現根本町)に生まれ、幼少のころから父の生魚運搬卸業を手伝い、地方の一個人商店にすぎなかった林兼商店を日本有数の水産会社に育て上げ、昭和21(1946)323日には貴族院議員に勅撰されたが、同年519日八十一歳で没し、浜光明寺に葬られたという。

288-4.jpg

「史跡 明石城跡」の石碑があり、その奥は明石城や明石城本丸跡があるが、予定よりも遅れているので中に入らなかった。明石駅の真ん前にあり、仕事で何度も訪れたが、一度も訪れたことがなかった。久しぶりなので、北出口から駅の中を通って、東出口行き、明石銀座通りを通って、道標「みぎ ひめじ ひだり 大坂道」の石碑を左に曲がり、目印の光明寺を通り過ぎ、明石市役所北庁舎の信号を左に曲がり、次の十字路を右に進んだ。


288-5.jpg

明石警察署大蔵交番更に大日本中央標準時子午線通過地標識の十字路を左に曲がり、目印地の稲爪神社と大蔵谷駅を目指した。明石は、日本の時刻の基準となる、統計135度子午線が通る「日本標準時のまち」「時のまち」として知られている。これは、明治19年に世界の標準時であるイギリスのグリニッジからちょうど135(9時間の時差)にある位置上の時刻を日本の標準時として定めたものだと いう。

288-6.jpg
稲爪神社に着いたのは11時少し前だった。稲爪神社は推古天皇の御代の創建で、不死身の鉄人伝説の宮で勝運の神様が祀られているという。稲爪神社を通り過ぎ十字路を左に曲がり、2号線に出てしばらく歩くと大蔵谷駅が見えてきた。この駅は山陽電鉄線とJR神戸線が並走している。2号線・西国街道を進み朝霧駅を通過すると、右手には大蔵海岸海水浴場がある。

288-7.jpg

更に海岸沿いを進み、山田橋を渡り、西舞子一丁目(差点)を右に曲がり、西国街道に入ると、右手には瀬戸内海が広がっていた。神戸舞子学院を左に行き、2号線に合流した。

舞子公園西を通り越し、明石藩舞子台場跡が右に見える。そしてようやく十三日目で神戸市に入った。明石藩舞子台場あと(舞子砲台跡)は幕末に外国船の侵攻に備えて、文久3年(1863)に幕府

山陽道・西国街道旅日記 十三日目(P65~66/P89)

十三日目 4月27日 木曜日

 

5時起床。天気予報は曇り、気温は9℃から19℃だ。足の調子は良い。朝食は昨日買ったおにぎりとパン、牛乳と飲むヨーグルトを食し、6時に出発だ。今日の予定は西国街道に出て、目印の土山駅近く、住友神社、光明寺、敦盛塚、一之谷戦の濱碑、、監物太郎の碑、高田屋嘉平の碑、神戸海軍操練所跡を通って、「ホテルビィルマーレ神戸」までの約40kmだ。穴田荘を出発して、5分もしないうちに西国街道に出る。左に曲がり進んで行く。朝早いので、人は見かけなかった。道の両側には趣のある大きな家があり、往時を偲ばせる街道だ。20分程で、西谷八幡神社があった。

287-2.jpg

案内板によると「西谷八幡神社の御祭神は「誉田別命(ほんだわけのみこと)といい、第十五代応神天皇である。降誕のおり屋敷に八本の幟が立てられたことから「八幡さま」の名で親しまれてきた。戦勝を祈願したことに始まり、敵を除けることから「弓矢の神」「勝利の神」として武将から信仰を集めてきた。後に、疫病が流行する中、次第にあらゆる災いを除ける「疫病の神」として名高い神社」と記されてあった。


287-3.jpg

神社を過ぎるとすぐに2号線に合流して、約300m進み斜め左に行くと西国街道だ。JR神戸線を通過し、左手に平岡公民館を左手に見て進み、穴田荘を出て1時間位たったころ、公園らしき道を行くと、旧街道らしく芝生の中に「1180年 平清盛が福原に都をうつす」「1192年 源頼朝が鎌倉幕府を開く」など歴史が年代順にわかるようにプレートが埋め込まれてあった。 

287-4.jpg

更に30分程で進んで行くと、「清水新田 宝篋印塔(ほうきょういんとう)」の石碑が建っていた。案内板によると宝篋印塔は江戸時代後期に建立され、この辺りは西国街道と呼ばれる街道があり、往来する旅人が数多くいた。江戸時代の旅では途中で命を落とすことも珍しくなく、清水新田の地で行き倒れとなった旅人も多くあった。行き倒れの旅人を供養し、地域に災いが起こらないようにと清水新田の人々がこの地に宝篋印塔を建立した」と云われている。


287-5.jpg

更に進んで行き、清水川と瀬戸川を渡っていくと、道標「右あかし道 像」の石碑があった。風化して文字は読み難い。この道標を過ぎると、左側に「臨済宗妙心寺派 公明山西福寺」があり、その先の街道沿いには清水神社鳥居、その奥に清水神社神門、清水神社がある。旧街道には神社仏閣が数多くある。改めて日本の歴史を感じる。この近くには西国街道と並行して2号線が走っており、その2号線沿いに弊社のお客様である建設機械メーカーの事業所がある。また反対方向へkm程の距離にお客様である油圧機器メーカーがあり、何度か訪問したことがある。JR神戸線の魚住駅でタクシーに乗り訪問したが、歩いて近くまで来ると感慨深いものだ。

更に進んで行くと、T字路に突き当り、右に曲がると、2号線に合流する。JR神戸線大久保駅の前を通り過ぎると、「明治天皇大久保御小休所建物」の石碑があった。道なりに進むと、セブンイレブンがある信号を斜め左に行くと、2号線と分かれ西国街道にでて、小さな川を渡ると大久保本陣跡があり、再度、2号線と合流して、左手に雲楽池という大きな池があり、そのまま進んで行くと西明石駅が見えた。この地にも弊社お客様の油圧機器メーカーの工場があり、新幹線でこの西明石駅を降りて、タクシーで行ったものだ。現在では茨城空港から神戸

山陽道・西国街道旅日記 十二日目(P64~64/P89)

286-1.jpg

寺境内に入る。入口の門の大きな石碑には「天台園圓宗念仏道場」の文字が彫られてあり、ここは教信寺の総門だ。教信寺は称名念仏の創始者である教信によって開基され、教信は興福寺の僧であったが、奈良の貴族仏教に満足できず、各地を放浪し、現在の加古川野口町にあった賀古駅家(かこのうまや)の北辺に庵を建て、ここを永住の地としたという。

286-2.jpg

この少し先に五社宮野口神社があった。五社宮野口神社は、比叡山延暦寺の守護神日吉大社の分霊を祭る由緒ある神社旧西国街道沿いにある五社宮の東南角には、古い道標が立っている。

秀吉の播古磨攻めの際、黒田官兵衛の指揮した秀吉軍と教信寺の僧兵と野口城兵が戦った。野口城は現在の五社宮(野口神社)付近にあったと云われている。

286-3.jpg

ここからおよそ15分でビジネス宿泊穴田荘に到着した。女将さんが待っていた。女将さんは話好きだ。私が下関から12日かけて加古川に来たこと、15日かけて京都に行くことを話した。女将さんは話好きだ。本四架橋の工事の時、この穴田荘はいつも満杯で、良い時代だった。今はコロナもあって閑散としている。もう閉めようと思う等々。チェックイン手続きを終え、畳の部屋に入った。洗濯をすませてから、シャワーを浴び、イオン加古川店に行き、朝食を買い、フードコートで食事を済ませた。今日の歩いた距離は44.5km、歩数は63,602歩だった。京都まで、後三日だ。12日間の旅を振り返りながら、9時に就寝。

山陽道・西国街道旅日記 十二日目(P62~63/P89)

285-1.jpgのサムネール画像
配され、ここより内側の中曲輪には侍屋敷が配されていました。」と記されてあった。このようなことを記録として残すのは姫路城の歴史の理解に役立つ。今回の姫路城訪問では外観だけ見学して、中に入ることはしなかった。あまり見学時間が多くなると、15日で京都まではいけないし、今日の宿泊は加古川宿まで行かなくてはならない。姫路城は一部工事をしているので、良い写真が取れない。クレーン車のアームが移ってしまうので、広場の中に入って、クレーン車が移らない場所を探した。


285-2.jpg

姫山の地に初めて砦が築かれたのは1333年、赤松氏の時代と云われ、13氏・48代が城主を務め、戦塵にまみれることなく今日に至っている。赤松氏の後、西国統治の重要拠点として羽柴秀吉、池田輝政、本田忠正が城を拡張して、今見られる全容が整ったのは、戦乱の世が落ち着いた1617年とのこと。30分程滞在して1250分に姫路城を後にした。何気なく姫路駅に向かう大手前通りに戻り、左折して2号線の歩道を歩いた。

285-3.jpg

しばらくして道に間違えたことに気が付いた。大手前通りの手前、大手前公園の所を左折すれば、西国街道に出る。ナビと絵地図で確認したが、戻るのは嫌なので、そのまま進んだ。まもなく市川の市川橋にさしかかった。この市川橋の手前で西国街道がこちらに合流した。橋を渡り進んで行くと、播磨国分寺跡200mの標識があったので、行ってみることにした。播磨国分寺は姫路市御国野町国分寺にある真言宗の寺院、奈良時代に聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺の一つであるという。

285-4.jpg

建年の741年とされている。2号線に戻り、天川を渡って、左手に御着城跡がある。御着城は場内に山陽道や城下町を取り込んだ惣構えの平城、赤松氏の一族小寺氏の居城で、1519年に小寺正隆が築城し、 1579年に羽柴秀吉に攻められて落城した。廃城後、江戸時代には御着本陣が置かれていたという。御着所跡公園を後にして、2号線を進んで行くと、312号線の佐土川西の信号を直進して、別所口西の信号を左に曲り、すぐ細い道を右折すると、西国街道に出る。しばらく進むと、弁慶地蔵の説明の木柱が目に入った。

285-5.jpg

弁慶の母は、福居村(別所)の生まれで山廻井といい、父は熊野神社別当で、書写山に預けられた弁慶が、京からの帰途、福居村庄屋の娘玉苗と一夜をともにしたのが、この地蔵堂であると伝えられている。

弁慶の両親の話は今まで知らなかったので、興味深い。さらに進むと、六騎塚の木柱があった。初めての言葉だ。それによると南北朝時代の延元元年(1336)児島高徳の父範長主従六人の自害を弔って建立したと伝えられている。「太平記」巻十六によれば、延元元年足利尊氏が大軍を率いて、九州から東上してくるのを備後守範長が迎え撃ったが、戦いに敗れ、最後に主従六騎となり、阿弥陀宿の辻堂で自害したという。

285-6.jpg

昔、太平記を読んだが、足利尊氏との戦いで、備後守範長の記憶になかった。すぐ隣に「備後守児島君墓」と記されたお墓があった。今でも供物が置かれている。児島範長が人々から慕われ、今に伝わっていると思うと、自然と手を合わせた。

そのまま進んで行くと、2号線と合流し進んで行き、     国道2号線と姫路バイパスを突っ切って、加古川市内に入ったのは午後4時だった。

285-7.jpg

そのまま進み加古川橋西詰に着いたのは4時半、すぐ左側には旧加古川大橋親柱が残されていた。加古川は大きな川で、橋を渡ると河川敷公園になっており、中央には中洲がある。西詰から東詰まで約400mの橋だ。橋を渡り終えると、加古川駅前、駅前東と進んで行き、坂元の信号を左折し、すぐ右折すると、西国街道に入る。しばらく行くと「西国街道風土期の道」の石碑が目に入った。公この碑を左に行くと教信

山陽道・西国街道旅日記 十二日目(P60~61/P89)

284-1.jpg

徳太子が建てた寺院とのこと。また太子町は「宮本武蔵生誕の地」と言われている石海神社があり、晩年の宮本武蔵が記した「五輪書」に、「生国播磨の武士」と書かれているとのこと。宮本武蔵に関する資料は過去の大火災で喪失しているが、生家跡として云い伝えられた場所には古井戸が残っているとのこと。

大阪まで100kmの看板が見えた。あと100kmと思うと元気が出てきた。少し雨が小降りになってきた。マクドナルドの姫路太子町店に入り、コーヒーを頼んで、30分程休憩した。出発したのは1040分頃、雨は止んでいたので、雨合羽を脱いで歩き始めた。

284-2.jpg太子町牛飼を通った頃には気温も上がり、ジャンバーも脱いで、半袖のシャツだけになった。少し汗がにじんできた。2号線(179号線)を進んで行き、トヨタ販売店が左にある十字路を左折し、すぐ右折すると西国街道に入る。まもなく大津茂川の橋を渡り、進んで行き、 179号線(西国街道)を左折する。




284-3.jpg

ここから179号線を進み、上之池を右手に見て、Y字路を左に入る。最初の信号の横断歩道を渡り、Y字路を右折し進む。2号線を突っ切り、青山団地第三公園を右に曲がり、青山西5丁目の信号から2号線の歩道を進み、但陽信用金庫ATMを斜め左に入っていく。


昔は西国街道には夢前川の船の渡し場があったのだが、今はなく、西国街道も途中で途切れている。現在では道なりに進み、2号線に出て左折し、夢前川の夢前橋を渡る道しかない。2号線と西国街道が入り組んでいて、歩きにくかったが、グーグルナビで西国街道が標記されているので、助かった。まもなく山陽新幹線の高架下を通って、播磨高岡駅に着いた。昼食をコンビニで済ませ、姫路城に向った。

284-4.jpg

ここから西国街道が所々入り混じっているので、姫路城までは2号線を進むことにした。姫路城の外堀と見られる船場川に架かっている白鷺(はくろ)橋を通り過ぎると、姫路城の外郭の石垣の一部が見えてきた。石垣沿いに進み、大手前通りの信号に来た。

284-5.jpg

右に行くと姫路駅、左に行くと姫路城広場だ。左に進み大手前公園を右に進み、多くの観光客と一緒になって進んで行った。「国道2号線建設之碑」が目に留まった。碑には「この石碑は昭和7(1932)2月、国道2号線の回収を祈念して建てられた。改修にあたって、中堀東西約450mに渡って埋め立てられた。中堀があったことが分るように、その境界にこの石がたてられた。

284-6.jpg

この石碑は、元々は道路の西側にあったが、昭和61(1986)の国道2号線拡張工事のため、同署に移転された。中堀の埋め立ては大正期にも進められていた。

昭和7年当時、この石碑から東側はすでに埋め立てられて商業地区に変貌しており、姫路市立女子技芸学校(現在の姫路市立琴丘高等学校)も建てられていた。」と記されてあった。

284-7.jpg

また、姫路城の中濠(なかぼり)跡の案内板があり、「この土塁は姫路城の中濠の土塁で、その南にある国道二号線は中濠を埋め立てて埋設されたものです。この濠より外曲輪には主に町屋が

山陽道・西国街道旅日記 十二日目(P58~59/P89)

十二日目 4月26日 水曜日

 283-1.jpg5時起床。天気予報は朝から雨、ホテルの朝食は6時半、スタミナ切れをしないようにしっかりご飯を食べた。右足小指の治療を行い、小指に厚めのバンドエイトを貼り付けた。今日の予定は正條宿道標、太子町牛飼、夢前橋、播磨高岡駅前、姫路城、御着城址、加古川橋を通過し、宿泊地のビジネス宿泊穴田荘まで43kmの道のりだ。


283-2.jpg
雨合羽を身に着け、710分にホテルを出発し、すぐに西国街道に入った。30分程で戦没者の碑を通り過ぎて、山陽新幹線の高架下を通って行くと、「河本光先生頌徳碑」と云う石碑があった。故人の詳細は分からないが、立派な石碑だ。西国街道と山陽新幹線の間に西池(旧原池)がある。

その近くを進んで行くと旧片島本陣跡の石碑が塀沿いにひっそりと建っていた。片島宿は正條宿と有年宿の間の宿場町で、竜野藩に管理されていたこの宿場には、約80軒の旅籠や茶屋等が、街道沿いに立ち並んでいたという。

283-3.jpg

当時の建屋は見当たらないが、立ち並ぶ民家は比較的大きいものが多く、宿場町であったであろう雰囲気は残っている。山陽本線竜野駅前を左に見て進んで行くと、明治天皇正條行在所の石碑と正條宿本陣井口家の木柱には「往時の姿をうかがい知ることが出来、明治十八年八月に明治天皇が休憩された御座所が復元されてあった。」と記されていた。

283-4.jpg

御座所を通り過ぎ、揖保川の堤通りに突き当り、左に曲がると、往時を偲ばせる巨木が立ち並び、「正條の渡し跡」の木柱があった。木柱には「正 條渡しは明治 の初めまで、山陽本線正條鉄橋のやや川下に、高瀬船が浮かび乗客を待っていた。旅人を乗せた舟が川を横切って行くさまは、今では見ることのできないのどかな風景であった。」と記されてあった。

283-5.jpg

正面に大きな橋が見え、国道2号線に合流する。この橋は揖保川の揖保川大橋と云い、橋の長さは目測で400mもある橋だ。この鉄橋の歩道を歩いた。昔は渡し船で川を渡り、西国街道を進んで行くのだが、現在では鉄橋の歩道を渡り、姫路フォークリフト㈱を右に曲がり西国街道に戻り、山陽本線の手前を左に曲がって行く。

283-6.jpg

しばらくすると「大燈国師誕生の地」の立派な石碑があった。大燈国師とは 鎌倉時代末期の臨済宗の僧で、宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)というが、一般には大燈国師の名前で知られているという。朝廷から興禅大灯と高照正灯の国師号が与えられた高僧で、京都の大徳寺を開山したという。林田川の橋を越え、すぐに右に曲がり、またすぐに左に曲がって行くのが、西国街道だ。しかし林田川の橋手前で合流した道が、旧2号線だった。そのまま直進したため、道を間違えてしまった。戻るのも嫌なので、旧2号線を進むことにした。「ようこそ 聖徳太子ゆかりの地 太子町」の大きな立て看板があった。この場所が聖徳太子とどのように関係するのか知らなかった。太子町は、推古天皇から聖徳太子に与えられた地域だと伝えられ、寺院や武家の荘園として栄えた歴史もあり、古くから交通の要衝として、道が整備されたという。斑鳩寺(いかるがでら)は、約1,400年前に聖

山陽道・西国街道旅日記 十一日目(P56~57/P89)

282-1.jpg
歩き旅には分かりやすい。播磨備前国境碑の辺りから、船坂峠のやかな坂道を登って行き、斜め左に行くと、西国街道に入る。しばらくすると岡山県に入ってから三度目の明治天皇の足跡である「明治天皇駐軍之碑」の石碑があり、明治十八年八月八日、陸軍大将男爵田中義一書と石碑に彫られてあった。そのすぐ先に梨ケ原一里塚があり、梨ケ原宿遺跡の案内板が目に入った。

282-2.jpg

「梨ケ原宿遺跡は、中世から近世の集落跡で、多くの掘立柱建物跡や井戸跡、遺物などが平成4年の発掘調査で出土している。

建物跡は当時の一般的な民家と見られる一方、遺物として備前焼や青磁、白磁、石鍋、宋銭など、中世に広く国内に流通していた品々が、数多く出土している。南北朝時代には、「梨原商人」がいたと史料にも見え、今も「宿」の地名が残ることから、この遺跡の周りは、中世の街道沿いの「宿」と呼ばれる町のひとつ「梨原宿」として、船坂峠を越えて山陽道を行き交う人々で賑わったものと思われる。」と記されてあった。

282-3.jpg
そのまま進んで行くと2号線に合流した。この辺に食事をするところがなく、コンビニもない。ちょうどドライブイン「食事処やぶ」があったので、入ることにした。この店は中年夫婦二人で経営しているようだ。雨合羽とレイン用ズボンを脱いで席に着いた。客は私一人だ。朝から霧雨小雨が降り続け、気温が下がってきたので、温かいラーメン定食(唐揚げ、ライス付)を頼んだ。休憩を取りながら、行程を確認した。計画では有年峠を越え、坂折池、長谷川を渡って、山陽道西有年一里塚跡を通って、2号線に出るのだが、途中の道はほとんど人家のない山道を歩くことになる。距離は約5km。山道なので1時間半の道のりだ。そこで計画を変更して、車が行き交い、歩きやすい国道2号線を
くことにした。

282-4.jpg

大避神社も通過して有年駅まで約10km、2時間の行程だ。天気も悪く、気温が下がってきたので、有年駅から相生駅まで電車で行くことにした。13時に店を出れば、約2時間の15時に有年駅に着し、1510分発の電車に乗ることが出来る。雨合羽とレイン用ズボンをはき、店を出発した。

鯰峠の標識がある場所を通過した。この道は赤穂国際カントリークラブの真ん中を横切っている道だ。赤穂市に入った。馬路池ほとりに明治天皇駐軍之碑が建立されてあった。
282-5.jpg

更に進むと東有年・沖田遺跡公園があった。ここは弥生時代の集落があった場所で、公園北側には復元された古墳時代後期の住居があるという。霧雨が降る中順調に15時ちょうどに山陽本線有年駅に到着した。予定通り1510分の電車に乗り、相生駅には1516分に着いた。もし、「食事処やぶ」から宿泊地の「東横イン相生駅新幹線口」まで、歩いて行くと、約18kmで到着は17時になっていて、十分に休養が取れないだろう。京都までは後4日かかる。

282-6.jpg

予定を変更して正解だった。ホテルにチェックインしたのは1520分で2時間早く着いた。本日の歩行距離は31km、歩数は44,045歩の旅だった。早速、いつも通りホテルのコインランドリーで洗濯を行い、シャワーを浴びてから、ホテルの隣にある居酒屋で、生ビール、厚揚げ豆腐、焼き鳥4本、ベーコンとアスパラガスのサラダ、親子丼を注文し、食べながら一日を振り返った。小雨でも一日中降っている中を歩いていると、天気の良い時とは疲労感が全く違う。靴の中が濡れ、右足小指のマメが水でふやけてしまい、治療しようとして、バンドエイドを剝がしたところ、小指の爪も一緒にはがれてしまった。

山陽道・西国街道旅日記 十一日目(P54~55/P89)

十一日目 4月25日 火曜日

281-1.jpg

5時起床。天気予報によると、朝から雨、気温は10℃から15℃なので、長袖シャツに雨合羽と雨用のズボンを着用していくことに決めた。朝食時間は7時からだが、若女将に7時に出発したいことを話したら、30分前倒しし、6時半にしてもらった。朝食は老舗旅館らしい焼き魚、卵焼き、シラスと大根おろし、筍と野菜の和え物、お新香、ご飯は自分でお茶碗にもって、いつもより多く食べた。デザートに果物とコーヒーをいただいた。旅館の朝食は意識してご飯を多く食べた。長距離を歩くには、炭水化物がスタミナを維持するのに有効だからだ。

281-2.jpg

 今日の予定は片上八幡神社、目印の廣高下公民館、三石駅、大避神社、有年駅、宿泊地の「東横イン相生駅新幹線口」だ。720分に出発した。玄関を出て右に進んで行く。この道は西国街道だ。この一帯は備前焼の里と言われ、備前焼は「日本六古窯」の中で最も古い焼き物で、備前市の伊部(いんべ)地区が代表的な産地で、釉薬を一切使わず、絵付けもせずに高温で焼くのが特徴とのこと。

一つとして同じ色、同じ模様にはならず、手造りの味わい深さが魅力で、使えば使うほどに味わいが増していくのが特徴とのことだ。旧道の両側には備前焼の焼き物が展示されている店が多くあった。程なく2号線にでて、斜め右に旧道を進んで行くと、前川哲蔵の墓標があった。

281-3.jpg

前川哲蔵は岡山藩筆頭家老のお目見医と記載されているだけで、どのような人物かはわからなかった。今度はお夏の墓標なるものがあった。江戸時代に実話に基づいた文芸作品に「お夏清十郎」というものがあり、お夏と清十郎の悲恋物語で、清十郎は打ち首、お夏はショックのあまり狂乱状態となり、行方不明になったという。その後各地に伝承が残され、備前市の西片上にお夏のものとされる墓と、営んでいた茶屋の跡がある。片上宿に入り、西片上駅近くに本陣跡があるが、大渕川の橋の手前を川沿いに進んで行くと、八幡神社が川向こうにあり、鳥居と森の奥に社殿が見える

281-4.jpg
そのまま進んで行き、突き当りを左に曲がり、すぐ右に曲がって、真直ぐ進み、赤穂線の踏切を渡り、山陽新幹線を横切って、2号線を斜め右に曲がり、進んで行くと片上大池が右手に見える。大池を過ぎてすぐに左斜めに進むと、西国街道に入る。備前焼桂花園を過ぎ、一本松警鐘櫓を左手に見て進むと、ため池が見える。そのまましばらく進んで行くと、閑谷神社道標がある。伊里川を渡り、旧街道を歩くための目標地「廣高下公民館」に9時半頃到着した。そのまま進んで川の橋を渡って行くと、2号線に合流する。


281-5.jpg
旧山陽道八木山一里塚跡に着いたのは10時頃だった。その近くに「明治天皇八木山御小休止所」と記された石碑が建っていた。

山陽道自動車道を越えて、2号線とほぼ並行して西国街道を進んで行く。中江木工所を左に曲がり、旧道を行く。三石宿に入った。三石神社が最初に目に入った。三石神社は三石明神又は孕岩神社といわれ、子宝に恵まれたいと願うご夫婦の方々がよく参詣するという。

281-6.jpg

明治天皇行在所の記念石碑が建っていて、この西国街道にも明治天皇の足跡があちこちに記録されている。三石神社社殿には瀬戸内第九番観音霊場と記されてあった。更に進んで、山陽本線三石駅を通って、川沿いにしばらく行き、河を二度渡って、2号線に合流する。

281-7.jpg

この2号線は旧山陽道・西国街道と地図に記されている。岡山県に入った頃からグーグルナビにも旧街道が記されたので、



山陽道・西国街道旅日記 十日目(P52~53/P89)

280-1.jpg

になり、欧米列強からの侵略を防ぐために、富国強兵の政策を明治政府と一体となって進めていたことがうかがえる。明治天皇巡幸記念碑から約20分で、備前長船刀剣博物館に到着した。しかし何か雰囲気がおかしい。近づいてみると休館日の看板が目に入った。正面に行くと「展示替えのため 臨時休業 4/244/28」と無情にも門が閉まっていた。今日は24日だ。残念。

備前長船刀剣博物館は、鎌倉時代より日本刀の産地として栄えた長船町にある全国でも珍しい備前刀を中心に刀剣を展示している。
280-2.jpg
敷地内には鍛刀場があり、日本刀の古式鍛錬、刀装制作、刀身への彫刻、砥ぎなどの、さまざまな日本刀に関する制作工程を実際に見学することが出来る。月に一度、1,200度の高熱で玉鋼(たまはがね)を打ち延ばす「古式鍛錬」の見学も可能だという。私の友人にも日本刀の玉鋼に魅了され、日本刀造りの勉強をしている人がいる。もテレビのドキュメンタリー番組で、日本刀造り、その基礎をなす玉鋼の作り方をいつも興味深くみている。残念だが仕方がない。
280-3.jpg

宿泊地の常磐旅館まで1時間半だ。気を取り直して進んで行くと、備前長船日本刀傳習所があった。ここは日本刀を制作している仕事場を無料で見学できるとのこと。見学時間は13時から15時まで、16時を過ぎていたので、見学はかなわなかった。

まもなく250号線にでた。旧山陽道は真直ぐに行くのだが、少し遠回りになり、暗くなって到着するのは嫌なので、このまま250号線の歩道を歩くことにした。  まもなく目印の香登(かがと)駅が右側に見えてきた。香登駅から約1時間だ。250号線の左側に大ヶ池(おおがいけ)が見える。横長の池に沿って真ん中を新幹線が横切り、南岸は赤穂線と国道2号線(250号線)という立地になっている。
280-4.jpg

不老川を渡り進んで行くと伊部駅が右手に見える。駅前広場には「備前市立備前焼ミュージアム」がある。私は旧道を歩くことだけ考えていたので、備前焼の里とは知らなかった。細い道を左に入り、進んで行くと常磐旅館が見えてきた。到着したのは1720分、距離約40km、一日で歩いた歩数57,448歩だった。老舗の旅館で外観も風格がある。

早速、チェックインして若女将が案内してくれた。お客は少ないようだ。いつも通り洗濯して、風呂に入り、くつろぐまもなく18時に食事だ。食事は大広間で客は、私と外国人だけだ。食事が来るまでの間、片言の英語で挨拶し、自己紹介をした。言葉が出てこない。彼はアメリカ人でバーモント大学の教授で名前はジョナサンで、71歳とのこと。バーモントから備前焼の研究、制作をしているとのこと。自分で工房を持っている専門家みたいだ。備前には3度目で、同志社大に籍を置き、11月には友人11人を連れて、この備前に来る予定とのこと。私は「なぜ備前焼きの研究をしているのか」と尋ねたら、備前焼は釉薬(ゆうやく)を使わないで、焼くので、焼きあがったときの模様は予想できない。大変難しいと云っていた。料理と共に若女将が入ってきて、英語の翻訳機をもってきて、一緒に会話を楽しんだ。私は自己紹介で、油圧機器のポンプやバルブを作る会社を経営していたが、リタイヤして旧街道を歩いていると話し、今回は下関から歩いて、この備前まで来たと地図を見せて説明したら、驚いた表情を浮かべていた。

280-5.jpg

彼は若女将にもいろいろ質問した。若女将は、自分は6代目で、小さいころから祖母に「あなたが次の若女将ですよ」といわれていた。京都の大学を出てから、就職したが、母親の体調不良から6代目の若女将を継ぐことになった」と笑顔で話していたのが印象的だった。旅の一夜で見知らぬ外国人と若女将の3人で、世間話をしながらの食事は格別に美味しかった。

山陽道・西国街道旅日記 十日目(P50~51/P89)

279-1.jpg垣を築かず土嚢だけで築城された「土城」である。城の周辺には、東沼、沼田などの地名に象徴されるように沼沢が天然の外堀をなしていた。広場中央に案内板があり、「中国役では、秀吉軍は天正10年三万の軍勢をもって備中南東部に侵攻し、境目の城を次々に攻略最後に攻めあぐねていた高松城の周囲に約2.6kmの堤防を短期間(12日間)で築き、折からの梅雨を利用して足守川の水を引き入れ水攻めを敢行した。籠城1ヶ月余を経て城兵が飢餓に陥ったころ、本能寺の変が起きた。秀吉は毛利との休戦を成立させ、ついに高松城を落城させた。」と記してあった。


279-2.jpg
当初の予定では、備中高松城址から歩いて備前一宮駅まで行くことにしていたが、途中で道を間違えたため、岡山駅に着くのが遅くなってしまう。
やむなく、高松城址から歩いて10分程の備中高松駅で電車に乗り、岡山駅に向かうことにした。1131分発の電車に乗り、岡山駅に着いたのは1251分だ。岡山駅で蕎麦を食べた後、田部井さんは新幹線に乗り帰宅した。1241分発で赤穂線岡山駅を出発し、1250分に東岡山駅に到着した。


279-3.jpg
当たり前だが、電車は本当に早い。東岡山駅から常磐旅館まで約22kmの旅だ。駅を出て赤穂線、山陽本線の踏切を渡り、旧山陽道に入り、山陽新幹線の高架下を道なりに進んで行くと、右側に「陸軍大将土肥原賢二忠魂碑」があった。東京裁判の記録を読んだ時、記憶に残った名前だ。土肥原賢二陸軍大将で、謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作に中心的役割を果たした。極東国際軍事裁判でA級戦犯となり死刑判決を受け処刑されたという。
279-4.jpg



更に先に進むと藤井宿に着いた。「新往来」の案内板があり、幕末、備前藩では長州征伐にあたり、幕府軍が岡山城下を通過するため、一時的に山陽道を北方に迂 回させ、岡山城下を通らないようにした。藤井宿から北に山陽道を付け替えたとある。
279-5.jpg
藤井宿は山陽道の中で岡山城下に近い宿駅がおかれたところで、町並みにその面影をとどめている。江戸時代は、参勤交代制を定めるに至り、西国大名が江戸への往来の途中、岡山城下町以東最初の休憩地として、本陣(安井家)、旅籠屋等が整備され大変賑わった。後に、本陣一つでは不便があったため、更に創設され、従来のものは西本陣、新しい本陣は東本陣と称されるようになった。「新往来」の案内板を右に曲がり進んで行く。山陽本線の踏を渡り、青津池を右に見て250号線を左折して進む。

279-6.jpg
この辺りは250号線と旧山陽道、西国街道が入り乱れているので、250号線を行くことにした。更に行くと旧山陽道赤坂一里塚があり、砂川の砂川橋を渡り進んで行く。国道2号線の手前の岡山市楢原の信号を左折して、旧山陽道に入った。一時間程歩いて行くと旧山陽道一日市本陣跡があり、少し先に常夜灯、一日市一里塚跡があった。
279-7.jpg

一日市本陣跡は宿場町の面影は見られず、常夜灯が昔の面影を残している。前に見える大きな橋を渡ると、備前長船刀剣博物館はもう少しだ。吉井川にかかる備前大橋を渡って、川沿いに左に進むと、「明治天皇巡幸記念碑」と彫られた立派な石碑が建てられていた。昨年の中山道69次、一昨年の東海道53次を歩いた時にも明治天皇巡幸の記念碑がいたるところにあった。明治の時代



最近のエントリー

カテゴリ

月別に見る

検索


ページ先頭へ