山陽道・西国街道旅日記 十二日目(P58~59/P89)

十二日目 4月26日 水曜日

 283-1.jpg5時起床。天気予報は朝から雨、ホテルの朝食は6時半、スタミナ切れをしないようにしっかりご飯を食べた。右足小指の治療を行い、小指に厚めのバンドエイトを貼り付けた。今日の予定は正條宿道標、太子町牛飼、夢前橋、播磨高岡駅前、姫路城、御着城址、加古川橋を通過し、宿泊地のビジネス宿泊穴田荘まで43kmの道のりだ。


283-2.jpg
雨合羽を身に着け、710分にホテルを出発し、すぐに西国街道に入った。30分程で戦没者の碑を通り過ぎて、山陽新幹線の高架下を通って行くと、「河本光先生頌徳碑」と云う石碑があった。故人の詳細は分からないが、立派な石碑だ。西国街道と山陽新幹線の間に西池(旧原池)がある。

その近くを進んで行くと旧片島本陣跡の石碑が塀沿いにひっそりと建っていた。片島宿は正條宿と有年宿の間の宿場町で、竜野藩に管理されていたこの宿場には、約80軒の旅籠や茶屋等が、街道沿いに立ち並んでいたという。

283-3.jpg

当時の建屋は見当たらないが、立ち並ぶ民家は比較的大きいものが多く、宿場町であったであろう雰囲気は残っている。山陽本線竜野駅前を左に見て進んで行くと、明治天皇正條行在所の石碑と正條宿本陣井口家の木柱には「往時の姿をうかがい知ることが出来、明治十八年八月に明治天皇が休憩された御座所が復元されてあった。」と記されていた。

283-4.jpg

御座所を通り過ぎ、揖保川の堤通りに突き当り、左に曲がると、往時を偲ばせる巨木が立ち並び、「正條の渡し跡」の木柱があった。木柱には「正 條渡しは明治 の初めまで、山陽本線正條鉄橋のやや川下に、高瀬船が浮かび乗客を待っていた。旅人を乗せた舟が川を横切って行くさまは、今では見ることのできないのどかな風景であった。」と記されてあった。

283-5.jpg

正面に大きな橋が見え、国道2号線に合流する。この橋は揖保川の揖保川大橋と云い、橋の長さは目測で400mもある橋だ。この鉄橋の歩道を歩いた。昔は渡し船で川を渡り、西国街道を進んで行くのだが、現在では鉄橋の歩道を渡り、姫路フォークリフト㈱を右に曲がり西国街道に戻り、山陽本線の手前を左に曲がって行く。

283-6.jpg

しばらくすると「大燈国師誕生の地」の立派な石碑があった。大燈国師とは 鎌倉時代末期の臨済宗の僧で、宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)というが、一般には大燈国師の名前で知られているという。朝廷から興禅大灯と高照正灯の国師号が与えられた高僧で、京都の大徳寺を開山したという。林田川の橋を越え、すぐに右に曲がり、またすぐに左に曲がって行くのが、西国街道だ。しかし林田川の橋手前で合流した道が、旧2号線だった。そのまま直進したため、道を間違えてしまった。戻るのも嫌なので、旧2号線を進むことにした。「ようこそ 聖徳太子ゆかりの地 太子町」の大きな立て看板があった。この場所が聖徳太子とどのように関係するのか知らなかった。太子町は、推古天皇から聖徳太子に与えられた地域だと伝えられ、寺院や武家の荘園として栄えた歴史もあり、古くから交通の要衝として、道が整備されたという。斑鳩寺(いかるがでら)は、約1,400年前に聖

山陽道・西国街道旅日記 十一日目(P56~57/P89)

282-1.jpg
歩き旅には分かりやすい。播磨備前国境碑の辺りから、船坂峠のやかな坂道を登って行き、斜め左に行くと、西国街道に入る。しばらくすると岡山県に入ってから三度目の明治天皇の足跡である「明治天皇駐軍之碑」の石碑があり、明治十八年八月八日、陸軍大将男爵田中義一書と石碑に彫られてあった。そのすぐ先に梨ケ原一里塚があり、梨ケ原宿遺跡の案内板が目に入った。

282-2.jpg

「梨ケ原宿遺跡は、中世から近世の集落跡で、多くの掘立柱建物跡や井戸跡、遺物などが平成4年の発掘調査で出土している。

建物跡は当時の一般的な民家と見られる一方、遺物として備前焼や青磁、白磁、石鍋、宋銭など、中世に広く国内に流通していた品々が、数多く出土している。南北朝時代には、「梨原商人」がいたと史料にも見え、今も「宿」の地名が残ることから、この遺跡の周りは、中世の街道沿いの「宿」と呼ばれる町のひとつ「梨原宿」として、船坂峠を越えて山陽道を行き交う人々で賑わったものと思われる。」と記されてあった。

282-3.jpg
そのまま進んで行くと2号線に合流した。この辺に食事をするところがなく、コンビニもない。ちょうどドライブイン「食事処やぶ」があったので、入ることにした。この店は中年夫婦二人で経営しているようだ。雨合羽とレイン用ズボンを脱いで席に着いた。客は私一人だ。朝から霧雨小雨が降り続け、気温が下がってきたので、温かいラーメン定食(唐揚げ、ライス付)を頼んだ。休憩を取りながら、行程を確認した。計画では有年峠を越え、坂折池、長谷川を渡って、山陽道西有年一里塚跡を通って、2号線に出るのだが、途中の道はほとんど人家のない山道を歩くことになる。距離は約5km。山道なので1時間半の道のりだ。そこで計画を変更して、車が行き交い、歩きやすい国道2号線を
くことにした。

282-4.jpg

大避神社も通過して有年駅まで約10km、2時間の行程だ。天気も悪く、気温が下がってきたので、有年駅から相生駅まで電車で行くことにした。13時に店を出れば、約2時間の15時に有年駅に着し、1510分発の電車に乗ることが出来る。雨合羽とレイン用ズボンをはき、店を出発した。

鯰峠の標識がある場所を通過した。この道は赤穂国際カントリークラブの真ん中を横切っている道だ。赤穂市に入った。馬路池ほとりに明治天皇駐軍之碑が建立されてあった。
282-5.jpg

更に進むと東有年・沖田遺跡公園があった。ここは弥生時代の集落があった場所で、公園北側には復元された古墳時代後期の住居があるという。霧雨が降る中順調に15時ちょうどに山陽本線有年駅に到着した。予定通り1510分の電車に乗り、相生駅には1516分に着いた。もし、「食事処やぶ」から宿泊地の「東横イン相生駅新幹線口」まで、歩いて行くと、約18kmで到着は17時になっていて、十分に休養が取れないだろう。京都までは後4日かかる。

282-6.jpg

予定を変更して正解だった。ホテルにチェックインしたのは1520分で2時間早く着いた。本日の歩行距離は31km、歩数は44,045歩の旅だった。早速、いつも通りホテルのコインランドリーで洗濯を行い、シャワーを浴びてから、ホテルの隣にある居酒屋で、生ビール、厚揚げ豆腐、焼き鳥4本、ベーコンとアスパラガスのサラダ、親子丼を注文し、食べながら一日を振り返った。小雨でも一日中降っている中を歩いていると、天気の良い時とは疲労感が全く違う。靴の中が濡れ、右足小指のマメが水でふやけてしまい、治療しようとして、バンドエイドを剝がしたところ、小指の爪も一緒にはがれてしまった。

山陽道・西国街道旅日記 十一日目(P54~55/P89)

十一日目 4月25日 火曜日

281-1.jpg

5時起床。天気予報によると、朝から雨、気温は10℃から15℃なので、長袖シャツに雨合羽と雨用のズボンを着用していくことに決めた。朝食時間は7時からだが、若女将に7時に出発したいことを話したら、30分前倒しし、6時半にしてもらった。朝食は老舗旅館らしい焼き魚、卵焼き、シラスと大根おろし、筍と野菜の和え物、お新香、ご飯は自分でお茶碗にもって、いつもより多く食べた。デザートに果物とコーヒーをいただいた。旅館の朝食は意識してご飯を多く食べた。長距離を歩くには、炭水化物がスタミナを維持するのに有効だからだ。

281-2.jpg

 今日の予定は片上八幡神社、目印の廣高下公民館、三石駅、大避神社、有年駅、宿泊地の「東横イン相生駅新幹線口」だ。720分に出発した。玄関を出て右に進んで行く。この道は西国街道だ。この一帯は備前焼の里と言われ、備前焼は「日本六古窯」の中で最も古い焼き物で、備前市の伊部(いんべ)地区が代表的な産地で、釉薬を一切使わず、絵付けもせずに高温で焼くのが特徴とのこと。

一つとして同じ色、同じ模様にはならず、手造りの味わい深さが魅力で、使えば使うほどに味わいが増していくのが特徴とのことだ。旧道の両側には備前焼の焼き物が展示されている店が多くあった。程なく2号線にでて、斜め右に旧道を進んで行くと、前川哲蔵の墓標があった。

281-3.jpg

前川哲蔵は岡山藩筆頭家老のお目見医と記載されているだけで、どのような人物かはわからなかった。今度はお夏の墓標なるものがあった。江戸時代に実話に基づいた文芸作品に「お夏清十郎」というものがあり、お夏と清十郎の悲恋物語で、清十郎は打ち首、お夏はショックのあまり狂乱状態となり、行方不明になったという。その後各地に伝承が残され、備前市の西片上にお夏のものとされる墓と、営んでいた茶屋の跡がある。片上宿に入り、西片上駅近くに本陣跡があるが、大渕川の橋の手前を川沿いに進んで行くと、八幡神社が川向こうにあり、鳥居と森の奥に社殿が見える

281-4.jpg
そのまま進んで行き、突き当りを左に曲がり、すぐ右に曲がって、真直ぐ進み、赤穂線の踏切を渡り、山陽新幹線を横切って、2号線を斜め右に曲がり、進んで行くと片上大池が右手に見える。大池を過ぎてすぐに左斜めに進むと、西国街道に入る。備前焼桂花園を過ぎ、一本松警鐘櫓を左手に見て進むと、ため池が見える。そのまましばらく進んで行くと、閑谷神社道標がある。伊里川を渡り、旧街道を歩くための目標地「廣高下公民館」に9時半頃到着した。そのまま進んで川の橋を渡って行くと、2号線に合流する。


281-5.jpg
旧山陽道八木山一里塚跡に着いたのは10時頃だった。その近くに「明治天皇八木山御小休止所」と記された石碑が建っていた。

山陽道自動車道を越えて、2号線とほぼ並行して西国街道を進んで行く。中江木工所を左に曲がり、旧道を行く。三石宿に入った。三石神社が最初に目に入った。三石神社は三石明神又は孕岩神社といわれ、子宝に恵まれたいと願うご夫婦の方々がよく参詣するという。

281-6.jpg

明治天皇行在所の記念石碑が建っていて、この西国街道にも明治天皇の足跡があちこちに記録されている。三石神社社殿には瀬戸内第九番観音霊場と記されてあった。更に進んで、山陽本線三石駅を通って、川沿いにしばらく行き、河を二度渡って、2号線に合流する。

281-7.jpg

この2号線は旧山陽道・西国街道と地図に記されている。岡山県に入った頃からグーグルナビにも旧街道が記されたので、



山陽道・西国街道旅日記 十日目(P52~53/P89)

280-1.jpg

になり、欧米列強からの侵略を防ぐために、富国強兵の政策を明治政府と一体となって進めていたことがうかがえる。明治天皇巡幸記念碑から約20分で、備前長船刀剣博物館に到着した。しかし何か雰囲気がおかしい。近づいてみると休館日の看板が目に入った。正面に行くと「展示替えのため 臨時休業 4/244/28」と無情にも門が閉まっていた。今日は24日だ。残念。

備前長船刀剣博物館は、鎌倉時代より日本刀の産地として栄えた長船町にある全国でも珍しい備前刀を中心に刀剣を展示している。
280-2.jpg
敷地内には鍛刀場があり、日本刀の古式鍛錬、刀装制作、刀身への彫刻、砥ぎなどの、さまざまな日本刀に関する制作工程を実際に見学することが出来る。月に一度、1,200度の高熱で玉鋼(たまはがね)を打ち延ばす「古式鍛錬」の見学も可能だという。私の友人にも日本刀の玉鋼に魅了され、日本刀造りの勉強をしている人がいる。もテレビのドキュメンタリー番組で、日本刀造り、その基礎をなす玉鋼の作り方をいつも興味深くみている。残念だが仕方がない。
280-3.jpg

宿泊地の常磐旅館まで1時間半だ。気を取り直して進んで行くと、備前長船日本刀傳習所があった。ここは日本刀を制作している仕事場を無料で見学できるとのこと。見学時間は13時から15時まで、16時を過ぎていたので、見学はかなわなかった。

まもなく250号線にでた。旧山陽道は真直ぐに行くのだが、少し遠回りになり、暗くなって到着するのは嫌なので、このまま250号線の歩道を歩くことにした。  まもなく目印の香登(かがと)駅が右側に見えてきた。香登駅から約1時間だ。250号線の左側に大ヶ池(おおがいけ)が見える。横長の池に沿って真ん中を新幹線が横切り、南岸は赤穂線と国道2号線(250号線)という立地になっている。
280-4.jpg

不老川を渡り進んで行くと伊部駅が右手に見える。駅前広場には「備前市立備前焼ミュージアム」がある。私は旧道を歩くことだけ考えていたので、備前焼の里とは知らなかった。細い道を左に入り、進んで行くと常磐旅館が見えてきた。到着したのは1720分、距離約40km、一日で歩いた歩数57,448歩だった。老舗の旅館で外観も風格がある。

早速、チェックインして若女将が案内してくれた。お客は少ないようだ。いつも通り洗濯して、風呂に入り、くつろぐまもなく18時に食事だ。食事は大広間で客は、私と外国人だけだ。食事が来るまでの間、片言の英語で挨拶し、自己紹介をした。言葉が出てこない。彼はアメリカ人でバーモント大学の教授で名前はジョナサンで、71歳とのこと。バーモントから備前焼の研究、制作をしているとのこと。自分で工房を持っている専門家みたいだ。備前には3度目で、同志社大に籍を置き、11月には友人11人を連れて、この備前に来る予定とのこと。私は「なぜ備前焼きの研究をしているのか」と尋ねたら、備前焼は釉薬(ゆうやく)を使わないで、焼くので、焼きあがったときの模様は予想できない。大変難しいと云っていた。料理と共に若女将が入ってきて、英語の翻訳機をもってきて、一緒に会話を楽しんだ。私は自己紹介で、油圧機器のポンプやバルブを作る会社を経営していたが、リタイヤして旧街道を歩いていると話し、今回は下関から歩いて、この備前まで来たと地図を見せて説明したら、驚いた表情を浮かべていた。

280-5.jpg

彼は若女将にもいろいろ質問した。若女将は、自分は6代目で、小さいころから祖母に「あなたが次の若女将ですよ」といわれていた。京都の大学を出てから、就職したが、母親の体調不良から6代目の若女将を継ぐことになった」と笑顔で話していたのが印象的だった。旅の一夜で見知らぬ外国人と若女将の3人で、世間話をしながらの食事は格別に美味しかった。

山陽道・西国街道旅日記 十日目(P50~51/P89)

279-1.jpg垣を築かず土嚢だけで築城された「土城」である。城の周辺には、東沼、沼田などの地名に象徴されるように沼沢が天然の外堀をなしていた。広場中央に案内板があり、「中国役では、秀吉軍は天正10年三万の軍勢をもって備中南東部に侵攻し、境目の城を次々に攻略最後に攻めあぐねていた高松城の周囲に約2.6kmの堤防を短期間(12日間)で築き、折からの梅雨を利用して足守川の水を引き入れ水攻めを敢行した。籠城1ヶ月余を経て城兵が飢餓に陥ったころ、本能寺の変が起きた。秀吉は毛利との休戦を成立させ、ついに高松城を落城させた。」と記してあった。


279-2.jpg
当初の予定では、備中高松城址から歩いて備前一宮駅まで行くことにしていたが、途中で道を間違えたため、岡山駅に着くのが遅くなってしまう。
やむなく、高松城址から歩いて10分程の備中高松駅で電車に乗り、岡山駅に向かうことにした。1131分発の電車に乗り、岡山駅に着いたのは1251分だ。岡山駅で蕎麦を食べた後、田部井さんは新幹線に乗り帰宅した。1241分発で赤穂線岡山駅を出発し、1250分に東岡山駅に到着した。


279-3.jpg
当たり前だが、電車は本当に早い。東岡山駅から常磐旅館まで約22kmの旅だ。駅を出て赤穂線、山陽本線の踏切を渡り、旧山陽道に入り、山陽新幹線の高架下を道なりに進んで行くと、右側に「陸軍大将土肥原賢二忠魂碑」があった。東京裁判の記録を読んだ時、記憶に残った名前だ。土肥原賢二陸軍大将で、謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作に中心的役割を果たした。極東国際軍事裁判でA級戦犯となり死刑判決を受け処刑されたという。
279-4.jpg



更に先に進むと藤井宿に着いた。「新往来」の案内板があり、幕末、備前藩では長州征伐にあたり、幕府軍が岡山城下を通過するため、一時的に山陽道を北方に迂 回させ、岡山城下を通らないようにした。藤井宿から北に山陽道を付け替えたとある。
279-5.jpg
藤井宿は山陽道の中で岡山城下に近い宿駅がおかれたところで、町並みにその面影をとどめている。江戸時代は、参勤交代制を定めるに至り、西国大名が江戸への往来の途中、岡山城下町以東最初の休憩地として、本陣(安井家)、旅籠屋等が整備され大変賑わった。後に、本陣一つでは不便があったため、更に創設され、従来のものは西本陣、新しい本陣は東本陣と称されるようになった。「新往来」の案内板を右に曲がり進んで行く。山陽本線の踏を渡り、青津池を右に見て250号線を左折して進む。

279-6.jpg
この辺りは250号線と旧山陽道、西国街道が入り乱れているので、250号線を行くことにした。更に行くと旧山陽道赤坂一里塚があり、砂川の砂川橋を渡り進んで行く。国道2号線の手前の岡山市楢原の信号を左折して、旧山陽道に入った。一時間程歩いて行くと旧山陽道一日市本陣跡があり、少し先に常夜灯、一日市一里塚跡があった。
279-7.jpg

一日市本陣跡は宿場町の面影は見られず、常夜灯が昔の面影を残している。前に見える大きな橋を渡ると、備前長船刀剣博物館はもう少しだ。吉井川にかかる備前大橋を渡って、川沿いに左に進むと、「明治天皇巡幸記念碑」と彫られた立派な石碑が建てられていた。昨年の中山道69次、一昨年の東海道53次を歩いた時にも明治天皇巡幸の記念碑がいたるところにあった。明治の時代



山陽道・西国街道旅日記 十日目(P48~49/P89)

十日目 4月24日 月曜日

278-1.jpg


5時起床。前日、コンビニで買ったおにぎりと菓子パンで朝食を済ませ、6時半に田部井さんとホテルを後にした。今日の行程は、最初の計画を変更して、直接高松城址に行かないで、倉敷駅から清音(きよね)駅に行き、ここから旧山陽道(西国街道)に戻って、高松城址に向い、備前一宮駅から岡山駅に行き、ここで田部井さんと分かれた後、電車で岡山駅から東岡山駅に行き、下車して、旧山陽道を進み、香登(かがと)駅を通り、備前長船刀剣博物館で見学し、宿泊地の常磐旅館までの行程だ。気温は10℃から19℃歩きやす気温だ。

278-2.jpg

倉敷駅発654分に乗り、清音駅には71分に到着した。ここから旧山陽道を進んで、高松城址まで11kmだ。駅を出て右に進み、すぐに踏切を渡り、線路沿いを左に進み、駅から約10分で旧山陽道に出る。右に曲がり、20分程で旧山陽道は斜め右に入っていく。旧山陽道一里塚の石柱がある。傍にある説明板には「山手村指定史跡 山陽道一里塚跡 ここを東西に走っている道は、近世の山陽道で、江戸時代、大きな街道には旅行者に行程を知らせるための「一里塚」が築かれ、道の両側に小さい丘を作って目印に  松や榎を植えた。

 

278-3.jpg

この一里塚跡にも一里松と呼ばれ、親しまれた立派な大きい松があったが、昭和三十年頃に枯れてしまった」と記されてあった。そのまま進むと、「清音ふるさとふれあい広場」の大きな池を通り、突き当りの道を左に曲がり、すぐ右に曲がる。県道270号線を進み、なかやグランドを過ぎ、山田池を右に行くと旧山陽道に出る。この辺りは旧山陽道と270号線が入り混じっている。429号線に出ると、斜め左方向に目印の備中国分寺が見える。



278-4.jpg

429号線を突っ切り、進んで行くと、270号線に合流した後、すぐに斜め左に進んで行けばよかったが、旧山陽道(270号線)を真直ぐに行ってしまった。そのうち道に間違えたことに気づき、何度も地図を見直して、元来た道に戻った。高松城址に行くには旧山陽道は通らないので、ナビを使って行くことにした。少し遠回りをしてしまったが、1050分に高松城址公園の広場に到着した。

278-5.jpgのサムネール画像

今回の旅でどうしても行きたいところの一つが、この高松城址だ。昔、読んだ歴史小説の一コマで、豊臣秀吉が高松城を水攻めにして、城に立てこもっていた城兵や領民約5,000人を助けることを条件に、城主清水宗治を切腹させた。秀吉は切腹を見届けてから、本能寺の変で主君・織田信長の仇を打つため、京に向けて全軍を取って返し、約十日間で軍団の大移動を果たした。高松城から京の山城山崎までの約230kmを踏破したことは、日本戦史上屈指の大強行軍として知られている。

  

278-6.jpg

この行軍の後、秀吉は摂津・山城国境付近の山崎の戦いにおいて明智光秀の軍を撃破した。今回の旧山陽道を歩いて旅して、行ってみたいところの一つだ。水攻めの戦いにおいて、文章だけではなかなかイメージが湧かず、現地に行って自分の目で見たいと思っていた。行ってみて、分かったことは城址公園の中央に大きな柱があり、柱には「本丸の高さ7.0m、現存築堤防高8.4m」と記してある。北は小高い山々が迫って、西側には足守川がある。周囲は沼地で水はけが悪く、南側と東側に本丸の高さ7mより高い堤防を作れば、水攻めは完遂できる。本丸がこれほど低いとは思わなかった。

高松城は、備前国に通じる平野の中心、松山往来沿いの要衝の地にあり、天正10(1582)の中国の役の主戦場となった城郭で、城は沼沢地に臨む平城で、石

山陽道・西国街道旅日記 九日目(P46~47/P89)

井家は庄屋であるとともに酒造業を営み矢掛切手                の豪商、277-1.jpg大地主でもあったという。建物は国の重要文化財に指定されている。この住宅は参勤交代の藩主や篤姫が宿泊した本陣としても有名である。本陣通り出口左手に旧矢掛脇本陣高草家住宅がある。高草家の祖は因幡国(鳥取県)の守護山名氏と伝えられており、戦国時代に同国高草郡鹿野城から、戦乱を離れて矢掛の七日市に住んだのが始まりとされている。277-2.jpg宝暦八年(1758)に現在地に居を構え、代々金融業を営んで財を成したとされている。

矢掛宿は観光のために保存されている街ではなく、今現在も住民が生活する場として「生きている」街とのこと。東海道の「関宿」、中山道の「奈良井宿」、「妻籠宿」、「馬籠宿」に勝るとも劣らない宿場と思う。

277-3.jpg

近くに矢掛駅があり、国道486号線もあることから、観光に力を入れているのが分る。本陣通りには多くの観光客がおり、出店も出ていた。出店に聞きなれない芋天(いもてん)なるものが売っていた。買ってみると実に美味しい。サツマイモを揚げたものだという。1袋買って田部井さんと食べながら、矢掛宿の風情を楽しみながら、先に進んだ。

277-4.jpg

西国街道を進んで行くと吉備真備(きびのまきび)公園があった。吉備真備は、奈良時代の公家・学者で氏性は下道(しもつみち)という。霊亀2(716)9次遣唐使の留学生となり、翌年に阿部仲麻呂らと供に唐に入り、経書と史書、天文学・音楽・兵学などの諸学問を18年に渡って学び、唐では知識人として名を馳せ、遣唐留学生の中で、唐で名を挙げたのは真備と阿部仲麻呂の二人のみと云われた人物である。

コンビニでカップラーメンを買い、お湯を入れて、店のなかで昼食を取り、休憩をとった。出発すると間もなく「山陽道一里塚」の石柱が目に入った。そのまま進んで行き、畑岡の信号を左折すると、西国街道だ。井原線の吉備真備駅が右手に見える。吉備寺に行く予定を変更して清音駅に、直接行くことにした。

277-5.jpg

高梁川に架かる川辺橋を渡り、清音駅に着いたのは14時半ごろだった。ここまでの歩行距離は31kmだ。1454分の電車に乗り、わずか6分で田舎の景色が都会の様子に変わっていく。倉敷駅に着いたのは15時ちょうどだ。早速、本日宿泊の「倉敷アパホテル倉敷駅前」に行き、チェックインした。少し休んでから倉敷の街を散策することにした。 

277-6.jpg

倉敷市は旧山陽道から大きくそれているが、慶長5(1600)に備中国奉行領となり、倉敷は松山藩の玄関港として、上方への物資の輸送中継地となり、寛永19(1642)には幕府直轄地、「天領」として代官所が置かれた。江戸時代中後期には綿加工業を展開し、綿の集積地だった倉敷は小倉織・真田紐・運才足袋などを生産した児島は、倉敷市の繊維産業発展の基礎となり、商業都市として発展したという。

277-7.jpg

明治維新後、発展から取り残された暗い状況から、大原氏を中心に明治21(1888)代官所跡に倉敷紡績(クラボウ)が設置され、倉敷の発展に寄与してきた。現在この地帯を趣ある景観が楽しめる「倉敷美観地区」として、伝統的な建物が作り出す町並みや、倉敷川沿いの風景が世界中の人を魅了し続けている。夕食はイタリア料理店「.COMBINAT(ドットコンビナート)」で、生ビールと赤ワインはボトルで注文し、楽しい時間を過ごした。


山陽道・西国街道旅日記 九日目(P44~45/P89)

九日目 4月23日 日曜日


276-1.jpg

5時起床。前日、コンビニで買ったおにぎりと菓子パンで朝食を済ませ、7時に田部井さんと出発した。今日は旧山陽道に戻るため、旧山陽道日芳橋まで1.1km、その後堀越宿跡、毎戸一里塚、矢掛本陣、下道氏墓案内板、吉備寺、井原線清音(きよみ)駅まで28kmを歩き、清音(きよね)駅から電車で倉敷駅に向かう行程だ。倉敷は旧山陽道の宿駅ではないが、旧道ではホテルを見つけることが出来なかったので、倉敷のアパホテル倉敷駅前に宿泊することにした。

276-2.jpg

気温10℃、少し肌寒いがすぐに体が温まって、ちょうど良い。ホテルを出て、左に進み旧東城往来笠岡線を右に曲がり、10分程で十字路を左折すると、西国街道(旧山陽道)に出て、小田川に架かる日芳橋を渡った。この辺りはナビでも縮尺によって西国街道が表示されるので、絵地図をみなくて済むので、歩きやすい。30分程進むと「北条早雲ゆかりの地荏原周辺案内図」看板があった。北条早雲の名前を見ても、小田原の北条氏と結びつかなかった。調べてみると北条氏の祖である北条早雲は、戦国時代初期の英雄、伊勢新九郎とのこと。

276-3.jpg

この地に生まれ青年期を過ごし、のちに北条早雲と名乗り61歳の時、相模三浦氏を滅ぼし、相模を平定し、小田原北条氏となった。北条氏は戦国時代に戦国大名として関東を広く支配したが、1590年の豊臣秀吉の小田原征伐で滅びた。徒歩以外に移動手段が少ない時代に、相模にまで進出し、一時代を築いた北条早雲に畏敬の念を持った。案内板のすぐ近くに一里塚が置かれてあった。さらに進んで行くと、「北条早雲誕生の地高越城址」があった。高越城は旧山陽道を眼下に、見下ろす高越山山頂(172m)に築かれた中世の山城である。井原線と小田川の間にある西国街道を行くと、まもなく堀越宿に着いた。

276-4.jpg

越宿は、小田の堀越、西荏原とともに旧山陽道の矢掛、七日市間の「間(あい)の宿」として賑わい、江戸時代、宿場と宿場を結ぶ街道筋にある宿駅の補助をする宿場を「間の宿」と呼び、本宿で常備する人馬数の一部を負担し、荷物の付け送りをする問屋(といや)などがあり、旧堀越宿には78軒の屋敷があったと伝えられている。今でも虫籠窓を備えた町屋が並び、当時の街道筋の賑わいを垣間見ることが出来るという。

276-5.jpg

その少し先に旧山陽道の目印の毎戸一里塚があり、矢掛本陣跡の手前の標識に「矢掛商店街 篤姫が泊まった矢掛本陣石井家」の大きな案内板あった。小田川の栄側道橋を渡ると、矢掛本陣の本陣通り(旧山陽道)に入る。矢掛宿は山陽道の宿場として室町時代の「屋蔭」から来ているとされ、矢掛宿とは異なり、茶臼山西麓の古市にあったとされてい

276-6.jpg

る。

江戸時代初期の参勤交代では古市から現在の場所、矢掛宿に移転され、本陣や脇本陣をはじめ江戸時代の旧姿をとどめた町並みは、岡山県町並み保存地区に選定されているという。通り入口の右側に旧矢掛本陣石井家住宅がある。旧矢掛本陣石井家住宅は寛永12(1635)から幕末まで、200年以上本陣職を務めた石

山陽道・西国街道旅日記 八日目(P42~43/P89)

のだという。商店街を過ぎると左手の山には千光寺が見え、                                       
右手275-1.jpgの瀬戸内海には向島が見え、尾道駅裏手に尾道港がある。国道2号線にでて、郵便局前を左に曲がっていくと、標高300mの防地峠を登って行った。約30分で頂上に着き、下界を見下ろすと、尾道市街と瀬戸内海の向島と小さな岩子島を見る事が出来た。頂には「東の番所跡・領界石」があった。領界に当たる場所には「是より西 藝州領」、「従是東 福山領」と有り、我々は東の福山領に向った。

今日から一緒に旅をすることになった田部井さんの    足取りも快調だ。昨年も中山道の旅で日本橋から浦和まで25kmを走破し、最長の距離を歩いた。自信がついたので、(1200)も一緒に越えることになった。

275-2.jpgのサムネール画像

順調に進み、藤井川を渡り、今津宿本陣跡(河本家)に着いたのは11時半だった。今津宿本陣跡は、豊臣秀吉の全国統一が実現し、文禄・慶長の役にあたり、京都大阪から肥前名護屋に至る街道が整備され、慶長七年(1602)には今津宿が設けられた。江戸幕府による宿駅・伝馬の制や大阪から長崎に至る西国街道が整備充実され、今津宿は神辺・尾道間の宿場町として戸数三百戸以上、商家軒を連ねて賑わったと伝えられている。宿の中核となった本陣は代々庄屋職を務めた河本家により世襲され、現在でも表門、堀、石垣などに当時の面影を残しているという。

275-3.jpg

昼食を取り、二人で話しながら歩き、大分経ってから田部井さんから道が違うのではないかと言われ、再度確認したところ真直ぐに進むところ、右に曲がってしまったようだ。やむなく来た道を引き返したので、往復で10km近く余計に歩いてしまった。

計画では備後赤坂駅から電車に乗って、井原駅まで行く予定だったが、既に歩行距離は30kmを越えているので、一つ手前の松永駅から井原駅まで行くことにした。私も計画を変更して一緒に行くことにした。松永駅から山陽本線(長船行)福山駅で乗換えた。ホームの目の前に福山城がそびえたっていた。福山城は元和8(1622)に              築城され、伏見櫓、鉄筋御門は、京都伏見城から移された        

275-4.jpg

もので重要文化財とのこと。五層の天守閣は戦災で焼失したが再建され、内部は郷土博物館として歴代藩主の遺品、草戸千軒町遺跡から出土品が展示されているという。福山藩祖の水野勝成は安土桃山・江戸初期の大名で、関ヶ原の戦い、大阪夏の陣で、数々功を上げ、元和5年、福山に移封された。福山駅から福塩線(府中行)で神辺駅に行き、神辺駅から井原鉄道(早雲の里荏原行)に乗って井原駅1552分に到着し、タクシーでビジネスホテル歴上荘に着いたのは16時過ぎだった。

行程は間違ったが、到着時間は予定通りだった。結果として田部井さんは35.7kmを走破し、新記録を達成した。

275-5.jpg

チェックイン後、いつも通り洗濯をするため、ランドリーに向った。途中食堂があったが、客が少ないので、食事は提供していない。新型コロナのため、客はいなかった。客層は近くの工場への出張者や長期の期間工が多いとのこと。風呂場は大きく、  足を延ばしてリラックスすることが出来た。食事は、田部井さんが周りを散策した時に、見つけた居酒屋に入り祝杯を挙げた。しかしここで事件が起きた。ビールを飲み、食事が終わって、ほろ酔い気分で帰ろうとしたとき、靴を履いたところ、感触が違う。足裏の感触と全体の作りが貧弱だ。何度確認しても私の靴はなかった。客は5~6人と少ないので、私の靴を間違えて履いて、帰ってしまったに違いない。HOKAの長距離を歩く靴だ。店に間違いのことを話してもここに帰ることはないので、残された靴を履いてホテルに帰った。9時過ぎに就寝。

山陽道・西国街道旅日記 八日目(P40~41/P89)

八日目 4月22日 土曜日

 

274-1.jpg

5時起床。前日、コンビニで買ったおにぎりで朝食を済ませ、出発は6時。今日の計画は尾道市、防地峠、今津本陣跡、備後赤坂駅まで26kmは、田部井さんと一緒に行き、田部井さんは備後赤坂駅から電車で井原駅に行き、ビジネスホテル歴城荘で合流する。私は大渡橋、神辺駅まで36kmを歩き、ここから電車で井原駅に行きホテルで合流する。

最初の計画では、三原市から36km先の神辺駅近辺の宿泊だが、ホテルがない。そこで旧山陽道から大きく外れるが、神辺駅から電車で、福山市の福山駅に行って宿泊しようと思った。

274-2.jpg

福山市は広島県の中でも大きな都市である。しかし2ヶ月前にネットや電話で、ホテル、旅館、民宿のすべてにアクセスしたが、すべて満室だった。あまりに込んでいるので、旅館の人に聞くと、「ももいろクローバーZ」というアイドルのコンサートがあるので、福山市一帯の宿泊施設はどこも満室とのことだった。予約が取れたのは、岡山県井原市の井原駅から徒歩15分の所にあるビジネスホテル歴城荘だけだった。私は旧山陽道を歩いて井原まで50km、正味10時間だが、食事、休憩、見学などを加えると、11.5時間はかかる。行けないことはないが、まだ先があるので、無理のない計画にした。

274-3.jpg

事前に田部井さんに理由を話して、井原駅のビジネスホテル歴城荘に、宿泊することを連絡した。田部井さんも同ホテルの予約が取れたことを連絡してきたので、変則の行程に決まった。

 最初の目的地は尾道だ。県道185号線を進み和久原川を渡って、山陽本線糸崎駅を通り、糸崎神社に着いたのは644分だった。糸崎神社は尾道と三原を結ぶ国道2号線沿いにあり、瀬戸内海に面し、長井の浦と呼ばれる風待ちの浦として「万葉集」にも読まれている歴史ある旧県社とのこと。境内にそびえる御神木の大楠(クスノキ)は、樹高30m、胸高さ幹囲13m、樹齢推定500年で、三原市の天然記念物に指定されている。

274-4.jpg

                神社を後にして、5分程進むと「六本桜 一里塚跡」の石柱があった。瀬戸内海沿いを進んで、尾道駅に着いたのは8時50分だ。旧道を少しそれて、アーケードが掛かっている「尾道本通り商店街」に向った。朝早いので開いている店は少なかった。

274-5.jpg

商店街のアーケードには、大きな垂れ幕「古寺めぐり入り口千光寺公園登山口」が目に入る。千光寺は標高140m、尾道港を一望する大宝山の中腹にあり、弘法大師が開いたと伝えられている。


274-8.jpg

「尾道町奉行所 平山角左衛門尚柱」と「奉行所跡」の石柱、「尾道商工会議所創立120周年記念碑」などがあり、この商工会議所の建物は鉄筋コンクリート造りとしては、現存する日本最古のも

最近のエントリー

カテゴリ

月別に見る

検索


ページ先頭へ