令和3年10月6日 経済講演会inつくば

コロナ禍の下、つくば市において経済講演会を開催する運びになった。2年ぶりの事である。以下に主催者の挨拶を記す。

「平素は茨城産業人クラブに対し、多大なるご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

また、本日は2019年以来の つくば市 での開催となりますが、会場にご出席の皆様も、オンラインでご視聴の方々も、経済講演会 in つくば にご参加いただき誠にありがとうございます。主催者を代表し、一言ご挨拶をさせていただきます。

まずは新型コロナウイルス感染症ですが、930日の期限をもって全ての地域の「緊急事態宣言」と「まん延防止等 重点措置」が解除となりました。

コロナ禍で長期化した経済活動への制限を着実に緩和し、景気回復を確かなものとしたいところですが、そのためにも当面の課題は感染の再拡大を押さえる、ということになります。本日も会場参加者を絞り 講演会を開催しておりますが、茨城産業人クラブと致しましても、リバウンド防止に十分注意し、茨城県産業と会員企業の発展のため、全力を投じてまいりますので、改めましてよろしくお願い申し上げます。

我々産業界をとりまく経済環境ですが、日本銀行が今月1日に発表した9月の日銀短観によると、景況感を示す大企業の業況判断指数DIは、6月の前回調査から4ポイント改善し2018年12月以来の高い水準となりました。汎用機械などが堅調を維持したほか、鉄鋼や素材産業で景況感が改善しました。また脱炭素やデジタル関連を中心に企業の設備投資意欲が衰えていないことも要因となっています。一方、自動車の部品調達の遅れによる減産や、中国不動産大手の経営危機など、これまで景気を下支えてきた製造業の輸出環境にも不透明感が表れ先行きに不安を残すことになっています。

さて、本日の最初の講演会では(株)アコーディア・ゴルフ 田代会長に『逆境の中でチャンスをつかむ ~この国にもっとゴルフを~』 と題しご講演いただきます。新型コロナの感染拡大以降、三密を気にせず楽しめるゴルフが注目され、新たにゴルフを始める人も増えていると聞いています。私も60歳の還暦を機に、週末にはゴルフライフを楽しんでいるゴルファーの一人です。ゴルフを通じて歩く事が多くなり健康作りにも役立っていると感じているところです。茨城県は皆様ご存じの通りゴルフ場の非常に多い土地であり、大きな観光資源の一つでありますので、地方創生の観点からも非常に興味深いお話が伺えるものと期待しております。

また、次の講演では独立行政法人 情報処理推進機構 社会基盤センターの今崎様と(株)アイ・コネクト 大久保社長に 『中小製造業のDX』をテーマにご講演いただきます。

企業を取り巻くビジネス環境は、激しい変化の時代を迎えており、クラウドや人工知能、IoTなど大きく進化するデジタル技術をいかに活用するかが、今後の企業経営の大きなテーマとなっています。IT人材の育成、経営ビジョンの明確化など必要なことは多岐にわたりますが、今回の講演が自社のビジネスを見つめ直し次の経営につながる「ヒント」となれば幸いです。

最後になりますが、本日お集まりの皆様のご健勝と、茨城県経済のさらなる発展を祈念して、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。」

大洗ゴルフ倶楽部 グランドシニア選手権(70歳~79歳)優勝(3)

     17H 340ヤード パー4 HDCP6

やや緩い左ドック、ティーショットは真ん中を狙ったが、右に行ってしまったが、フェアウェイをキープした。二打目は8Iでピン奥につけたが、2パットでパーをキープした。

18H 372ヤード パー4 HDCP12

ティーショットはドライバーでしっかり芯をくい、やや左ながらフェアウェイをキープした。二打目は6Iでピン左3mにナイスオン。やや下りのスライスラインを入れて、バーディーを取った。

無題1105.jpgのサムネール画像

一日目44,4185、二日目の決勝は41,3576、合計161で終わってみれば、2位に5打差のブッチギリの優勝だった。振り返ると決勝ラウンドのアウトコースの出だしで、ダボ、それからパーがとれず、4Hの段階で5オーバー、トップTさんに7打差つけられた。気を取り直して5Hから4連続パーで、上がって見れば、Tさんと同スコアの41で回れたことが良かった。

奇しくも昨年のグランドシニア選手権と同じスコア161で、トップのEさんと同スコアでカウントバック方式のため、2位になった。その時の反省から1年間目的を持って練習してきたのが良かったと思う。

これで念願のグラントシニア選手権優勝者としてボードに名前が載ることになった。

60歳ハンデ15から一生懸命に練習を行い、65歳の時ハンデが9になり、201910月にハンデ6を取得した。その後の初タイトルである。

  


大洗ゴルフ倶楽部 グランドシニア選手権(70歳~79歳)優勝(2)

    後半

昼食はご飯少なめのカレーライス、大会での勝負飯。

10H 486ヤード パー5 HDCP8

ティーショットは手応え十分のドライバー、フェアウェイの真ん中、二打目は5W、残り70ヤードをSW、狙いより左6mにのせ、バーディーパットを外し、パーで上がった。

11H 335ヤード パー4 HDCP10

ティーショットは3Wで狙いより右に行き、ラフに。二打目135Y8Iで打ったが、10mオーバーした。9Iを使うか迷った結果8Iを選んだ。弱気だった。2パットでパーを取った。ここでトップのTさんがトリプルボギーを打ち、イーブンになり追い付いた。

12H 349ヤード パー4 HDCP14

ティーショットはドライバー、少し左に行ったが、フェアウェイをキープした。二打目はPW、当たりが薄くグリーンに届かず、近くにいかないと見えないくらいラフに沈んでいた。ピンチだ。SWで打ったが近寄らず、2パットのボギー。Tさんはパーで、また一打差つけられてしまった。

13H 388ヤード パー4 HDCP4

ティーショットはドライバーでナイスショット、フェアウェイの真ん中に、二打目は7Wでオン、2パットでパー、Tさんはボギーだったので、イーブンに。終われる方はプレッシャーがあり、追う立場の自分に有利な展開と言い聞かせた。

14H 144ヤード パー3 HDCP18

ティーショットは6Iで、ピン左5mにのせることができた。しかしTさんのショットはピン右側から、フックラインで転がり、なんとホールインワン、ピンに入るのがはっきりと見えた。「素晴らしい」の言葉しか出ない一打だった。この時点でパーを取っても二打差をつけられてしまう。距離は5m、少し上りのカップ一つのスライスラインとよんだ。読みが当たりバーディーを取った。これで一打差を追う立場になった。後で振り返るとここが勝負どころだった。

15H 513ヤード パー5 HDCP2

ティーショットはドライバーで今日一番のショット、フェアウェイ右側をベストポジション。二打目は3Wで左にあるバンカーの10m手前、ほぼ狙い通りの場所に打つことが出来た。残り90ヤードをAWで打ったが、少し当たりが薄い。グリーンにようやく乗った位置、上りのスネークラインだが、ややスライスが強いライン、10m以上の距離があったが、パットは距離感が合い、2パットでパーをキープ出来た。リーダーのTさんは三打目を左手前バンカーに入れ、痛恨のダボを叩き、小生が一打リードした。

16H 188ヤード パー3 HDCP16

強いアゲインストなので、ティーショットは7Wを使いグリーンにのせた。2パットでパーを取った。Tさんはボギー、これで二打差になった。

大洗ゴルフ倶楽部 グランドシニア選手権(70歳~79歳)優勝(1)

912日大洗ゴルフ倶楽部のグランドシニア選手権の一日目が44名の参加者で開催された。一日目の成績は、トップはTさん82Sさん84Mさん85そして髙橋85でした。決勝は920日に行われ、最終組の4人はトップに三打差を追う展開で二日目が始まった。天気は快晴、微風、フロントティー、グリーンの速さ9.2フィートのコンディションである。

1H 402ヤード パー4 HDCP9

左に引っかけラフ、二打目7Iレイアップするもラフ、三打目85ヤードをSWでフルスイングするも届かずグリーン右手前、15ヤードをSW10mオーバー、2パットで痛恨のダボ。反省 三打目をSWAWで迷ってSWした。AWにすれば良かった。

2H 476ヤード パー5 HDCP5

ドライバーで松越えを狙う。若干左にいったが、フェアウェイ真ん中。二打目3Wは左ラフに、三打目は115ヤードをPW大きく右手前にオン。パットの1打目で50cmにつけ、パーを確信したが、少し強かったのかピンに蹴られて痛恨の3パットでボギー。

3H 369ヤード パー4 HDCP13

ティーショットはドライバーで左ラフ。6Iで打ったが、グリーン手前、残り30ヤードをSWで打ったが、短い。2パットでボギー。

4H 133ヤード パー3 HDCP17

強いアゲインスト、9Iで打ったが、当たりが薄くグリーン手前、寄せは20ヤードSWショートし、2パットでボギー

5H 396ヤード パー4 HDCP1

狙いよりやや左に行くも松を越えてラフ、ようやくボールが掴まってきた。残り180ヤードを7Wでグリーン右にオン。8mを寄せて2パットで初めてのパー、このパーは大きかった。

6H 308ヤード パー4 HDCP11

ティーショットはドライバーでナイスショット、丘を越えて左ラフからPWでピンの左5mにつけ、バーディーチャンス、わずかに外してパー。

7H 500ヤード パー5 HDCP3

ティーショットはドライバーしっかり芯をくい狙い通りの右側にナイスショット。二打目7Wで松林越え、三打目はラフから10Iにしようか迷ったが、9Iにした。結果10mオーバー。パットは4mのオーバー、打った瞬間に強いと思ったがあとの祭り。しかし返しのパットを入れてパー、このパーは大きかった。

8H 156ヤード パー3 HDCP15

ティーショットは6Iで手応え十分、最初、6Iでは届かないと思ったが、予想に反して、ピン右側5mのバーディーチャンス、惜しくも外してパー。

9H 375ヤード パー4 HDCP7

ティーショットはドライバーで当たりは良かったが、左セミラフ。6Iで松を越えて右奥にオン。難しい大きく曲がるフックライン、1mに寄せて5連続パー。41でホールアウト。トップのTさんも41でスタートと変わらず、三打差を追う展開に。

令和3年度定時総会開催

                              2021年714

令和3年度の第58回茨城産業人クラブの定時総会が714日に「ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸」にて開催された。会場で56名、オンラインで43名の参加者、委任状を加えると過半数に達した。来賓として茨城県県知事の大井川和彦様、国立大学法人茨城大学学長の太田寛行様をお迎えし、日刊工業新聞社から井水治博社長と幹部5名の出席を得て執り行われた。

私は茨城産業人クラブの第8代目の会長として、冒頭の挨拶を行った。以下下記に記載。

「平素は茨城産業人クラブに対し、多大なる協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

また、本日はコロナ禍にもかかわらず、第58回定時総会・講演会にご臨席を賜り、誠にありがとうございます。主催者を代表し、一言ご挨拶をさせていただきます。

さて、世界的なパンデミックとなった新型コロナウイルス感染症は、拡大から約1年半が経過しましたが、東京都に緊急事態宣言が再発令されるなど、未だ収束時期の見通せない難しい状況が続いております。

茨城産業人クラブでも、昨年度は感染防止の観点から多くの行事が中止となりました。今年度に関しましては、本日もZoom(ズーム)を介して多くの方にご視聴いただいておりますが、オンラインの活用など感染防止に最大限配慮しつつ、茨城県産業と会員企業の発展のため、全力を投じてまいりますので、改めましてよろしくお願い申し上げます。

さて、世界経済は全体としては依然厳しい状況にありますが、新型コロナの早期封じ込めに成功した「中国」では8%を超える高い経済成長率を持続し、ワクチン接種が進み急回復する「アメリカ経済」とともに世界経済の牽引役として存在感を強めています。また国内に目を向けますと、新型コロナの影響が大きい宿泊や飲食などサービス産業が大変厳しい状況にある一方、製造業は海外経済の回復に伴う輸出の増加を背景に、回復の色を強めています。

さて、世の中に目を向けますとDXやAI、IoTなどの新たな技術をもちいた社会・経済活動の再構築を目指した取組みが各所で試みられています。また世界的な環境破壊や人口増加の課題を背景に「サステナビリティ」への関心が急速に高まっております。 

企業においても、コロナ収束後に備え競争力の強化や新たなビジネスモデルの創出に向けた動きが加速しており、我々企業経営者と致しましては、今まで以上に世の中の動きを注視していく必要があります。

総会終了後の講演会では 昨年4月に茨城大学の学長にご就任なさいました、太田 寛行学長にご講演いただきます。コロナ禍の大学運営という難しい状況の中、太田学長には快くご講演をお引き受けいただき感謝申し上げます。企業と大学は「共同研究」のみならず、「人材育成」、「街づくり」、「SDGs」等 連携の期待される事柄は多岐にわたります。ご参加の皆様方には、この講演で次の経営につながる「ヒント」を見つけていただければ幸いです。

それでは本日お集まりの皆様のご健勝と、茨城県経済のさらなる発展を祈念いたしましてご挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。」

総会は第一号議案、第二号議案、「第三号議案が可決され終了した。終了後、茨城大学学長の太田寛行様から「イバダイ・ビジョン2030:地域が基盤となる持続可能な社会の実現のために」をテーマにご講演をいただき、懇親会は新型コロナウイルス感染防止のため、中止とした。

 今回のブログで記念すべき200号を達成することが出来た。振り返ると第一号は20093月に弊社のホームページに載せ始めた。いろいろな方に読んでいただき、㈱協立製作所の代表者が何を考えて、活動しているか理解していただく一助になれば、幸いです。

令和2年春の叙勲 旭日単光章受章(4)       

コロナ禍で皇居での伝達式が中止になり、2020年(令和2年)717日、関東経済産業局担当次長と担当者が来社され、弊社研修室において賞状と勲章の伝達式を執り行った。

叙勲-1.jpg

賞状と勲章の授与式の写真

叙勲-2.jpg

賞状と勲章の授与式の写真

叙勲-3.jpg

経済産業省2名と幹部社員との集合記念写真

叙勲-4.jpg

8月27日に宮殿見学会が実施され、経済産業省本館行動に集合し、バスにて皇居「春秋の間」を見学させていただいた。木造建築の粋を集めた皇居は、外国の宮殿に優るとも劣らないと思った。大きなシャンゼリアで有名な豊明殿の階上から撮影者が、階下に叙勲の受章者が並び、集合写真を撮った。

令和2年春の叙勲 旭日単光章受章(3)

皇居・豊明殿において旭日単光章受章者集合写真

無題1226-1.JPGのサムネール画像

筆者は右から4番目。写真を2階から取るのは、天井のシャンデリアを構図に入れるため

令和2年春の叙勲 旭日単光章受章(2)

令和2年29日付け 日刊工業新聞社記事       無題.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

このたびは受章の栄誉を賜り、身に余る光栄であり
感謝に堪えません。社員をはじめ協力会社、取引
会社のご協力ご支援によるものと心より感謝すると
共に厚く御礼申し上げます。弊社は油圧機器の専門
製造会社として経営理念に挑戦と創造を掲げ、お客
様満足度の高い企業を目指して参りました。この
受章を励みに製品作りや人材育成に励み、社会の
良きパートナーとして、地域社会の貢献になお一層
の精進を重ねて参る所存です。           
以上が掲載記事です。



旭日単光章とは                

無題1226.JPG

旭日章の6種のうち第六等に位置する   勲章。旭日小綬章と共に、各分野における顕著な功績のあった者へ授与される。毎回の受賞者数は旭日双光章に比べると少ない。瑞宝章にも対応する勲等の「瑞宝単光章」がある。                  旭日章の6種のうち第六等に位置する勲章。旭日小綬章と共に、各分野における顕著な功績のあった者へ授与される。毎回の受賞者数は旭日双光章に比べると少ない。瑞宝章にも対応する勲等の「瑞宝単光章」がある旭日章の6のうち第六等に位置する勲章。旭日小綬章と共に、各分野における顕著な功績のあった者へ授与される。毎回の受者数は旭日双光章に比べると少ない。瑞宝章にも対応する勲等の「瑞宝単光章」がある。

令和2年春の叙勲 旭日単光章受章(1)

令和1(2019)86日、総務部より内閣府の方からお電話ですと連絡があった。内閣府に知り合いはいないので、何の要件だろうと思いながら、受話器を取り上げたところ、令和2年の春の叙勲候補者に上がっております。お受けしますか、お受けしませんかとの問いだった。思いもかけないことだったので、一瞬間をおいて、お受けしますと返事をした。46年前に東京都品川区の本社に、入社すると同時に、茨城工場に赴任した。従業員は私を含めて4人で、私は創業者の父から旋盤・フライス盤・直立ボール盤等の作業を教わり、部品加工の作業者として従事した。成功するかも分からないまま、倒産だけはしたくないとの気持ちで、がむしゃらに働いたことが走馬灯のように思い出された。

その後すぐにメールで、経済産業省関東経済産業局の担当者から、令和2年春(予定)の「中堅・中小企業経営者叙勲」の候補として挙がっていることから、 項目の確認をしたい旨の内容だった。受章の意思の確認、過去の褒章叙勲の  有無、他の期間よりの叙勲の候補の有無、創業20年以上・社長歴4年以上、直近の決算の状況(黒字又は赤字)、直近の決算が赤字であった場合、赤字の要因が外部要因であればその理由の記載、候補者が社長就任後業績の状況、任期中の大幅な従業員減少の有無等、「栄転環境の調査・確認の徹底について」の要領書についての質問だった。

功績調書・履歴書・企業概要は容易に作成できたが、売上等推移表の作成が大変だった。社長歴27年間の業績(売上高・経常利益・従業員数)の作成が大変だった。直近の決算が赤字の場合との注釈があったが、過去3年間黒字を確保していたので、作成は容易であった。しかしバブル崩壊直後に社長に就任し、27年分の業績一覧表の作成には大きく時間を割かなければならなかった。特に不況で赤字の要因が外部要因であれば、その理由と従業員減少を記載することである。国内金融危機・リーマンショック・中国需要の経済不透明による長期の不況等を記載した。従業員減少の理由は不況による従業員の自然減を補充しなかったと記載した。提出書類を何度か修正し叙勲担当者の了解を得た後、来年の429日に閣議決定あるので、それまでは口外しないように念を押された。

令和2年(2020)317日、叙勲受章の内定通知をいただき、令和2年春の勲章の内示書に必要項目を記載し、提出した。その際本件内示はあくまでも本人に対するものであり、外部に漏れることのないよう情報の取り扱いには注意くださいとのことだった。しかし新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で政府は416日、特別措置法に基づく緊急事態を受けて、428日経済産業省関東経済局から、令和2年春叙勲について、伝達式・拝謁が中止となったことに伴い、緊急事態宣言解除後に弊局より勲章等を受章者様に伝達すること、叙勲については、明日4月29日に新聞に掲載される予定との連絡をいただいた。その後717日、関東経済産業局担当次長と担当者が来社され、研修室において賞状と勲章の伝達式を執り行った。弊社の幹部も伝達式に加わり、記念写真を撮った。8月27日に宮殿見学会が実施され、経済産業省本館行動に集合し、バスにて皇居「春秋の間」を見学させていただいた。木造建築の粋を集めた皇居は、外国の宮殿に優るとも劣らないと思った。素晴らしかった。

最近のエントリー

カテゴリ

月別に見る

検索


ページ先頭へ