自己紹介

こんにちわ。                                                    今回は自己紹介をさせてください。

 私は1950年2月に茨城県下館市稲荷町(現筑西市)の借家で産声を上げました。当年59歳です。7歳の時、東京都品川区立平塚小学校に入学し、中学は専修大学付属高校、高校は日大三高、大学は日本大学理工学部精密機械工学科に入学し、昭和47年に卒業しました。中学時代は野球部が無く、やむなくバレーボール部に入り練習に励んでいました。東京オリンピックでは6人制でしたが、中学生の大会では9人制でした。

私は足腰を鍛える為に自宅(品川区東中延)から自転車通学をして         品川区自宅 本社.jpg       いました。自宅から環状7号線まで10分、環7から甲州街道の笹塚     まで全力で飛ばして25分、学校まで5分、合計40分ひたすら足腰     の鍛錬の為、3年間通っていました。しかし、どうしても野球がやりた   いので、高校生の草野球に入れてもらい、日曜日に練習や試合をし   ていました。

そこで私は高校進学に当たり先生・親の反対を押し切って、東京都で名門といわれた日大三高の野球部に入り、甲子園を目指していました。目指しているというよりも野球が大好きだったという方が当たっているかもしれません。しかし、2年に進級する時に文科系か理工系かの選択をしなくてはならず、数学が好きで、国語が特に作文や感想文を書くのが嫌いだったので、理工系を選択しました。当時、理工系を選択すると野球部は辞めなくてはいけませんでした。なぜかというと理工系の勉強と野球部の練習は両立できないとのことでした。私は不満でしたが、野球部の練習が終わって家に帰るのは毎日11時を過ぎていました。食事をして勉強を終わらせると毎日午前2時頃でしたので、大学受験を考えるとやむを得ないと考え、2年生からテニスに転向し、大学に入ってからもテニスを続けました。戦績は関東理工系テニス連盟の大会で3年、4年とダブルスで2年連続ベスト4になったのが最高でした。中学時代の3年間、自転車通学40分、ほぼ全力でペダルをこいで体力をつけたおかげだと思っています。

 若い時の趣味は、テニス・野球・スキー・ボーリング・水泳など。大学の時に研究所の助手の方から囲碁を、教授からコントラクトブリッジとお酒の飲み方を教わりました。クラシックギターは1年間通信講座で勉強し、社会に出てからはテニスとスキーを続け、30歳を超えた頃から歴史小説を乱読していました。現在は、ゴルフが大好きでオフィシャルハンデ15で目標は2年以内にシングルハンデになることです。50歳の時に、伝統芸能江戸小唄の松風派松陽会に入門し、稽古に励み、4年間に名取となり『松風裕日出』の名を頂きました。

どんなに忙しくても時間を上手に使うことを考えていれば時間は作れます。私は年代によって趣味が変わってきていますが、今でも変わらないのはいつも鞄の中に経済・経営・歴史小説・レポート類・文藝春秋そして、数独(パズル)など2~3冊の本を入れておきます。電車の中・待ち合わせの時間・突然のキャンセルで空いた時間・一人で外食する時の時間・寝る前等々時間を作っています。忙しい事を理由に時間がないと出来ない理由を言って、何もしない事にならないようにしましょう。わずかな時間の積み重ねを10年・20年・30年と続けていくと自分がその積み重ねた分だけ厚みを増し変化していきます。

 最初、私は製造現場でフライス盤を使ってフルバックで鉄を平面に削り、エンドミルで溝を削っていました。それから直立ボール盤で穴あけ作業、旋盤で鉄を削る切削作業を5年ほどやっていました。その後、コンピュータの発達に伴い数値制御のNC旋盤やマシニングセンターを導入し、工程設計・ツーリング設計・プログラム作成・段取り作業・加工作業・検査と行ってきました。その合間に工場経理を勉強し、見積りを覚え、営業を行い、将来協立にとってどの方向の仕事を選択していくべきか、日々悩んでいました。そして、気がついてみると、現場を約20年体験していました。私は現場を中心に仕事を行いながら、経理・総務・庶務・生産技術・製造技術・営業・機械修理・品質保証そして経営戦略を行ってきました。43歳で社長になり、山あり谷ありの16年間でした。16年間の中でも今回の世界同時不況は過去の例と質の違う不況です。それは短い時間で落ち方が激しく底が見えないことです。幸い私は過去5度の不況を乗り切った体験があり、優秀なスタッフがサポートしてくれています。

全員で世界同時不況を乗り切ろう。 

初めまして。

はじめまして。                                                  私は、高橋日出男と申します。                                         今回、社長ブログを始めることになりました。

 きっかけは、昨年2月に茨城県経営者協会経営教育委員会主催の「中小企業の人材採用」の講演を聴いたことです。私は13年前に経営教育委員会の委員になりました関係から、この講演会の主催者の一員として出席しました。講師は日本経営教育研究所の石原社長です。講演の内容は中小企業の人材採用をWebサイト上で行うことです。具体的な成功事例を紹介した内容は私にとって新鮮な講演内容でした。既存のホームページの採用サイトとは異質なものでした。良い人材を採用し、教育し、定着させる、その上で安定した利益を確保し続け、社会に貢献するにはどうしたらいいか、常に悩んでいました。そこでおよそ1週間後に東京の神保町にある日本経営教育研究所を訪問し、石原社長に相談に乗っていただきました。そして、2008年6月からコンサルタント契約を結び指導を受けることになったわけです。早速7名の若手をスタッフに選任し、教育をはじめました。

その結果、Webサイト上に協立製作所のホームページを2008年11月に載せることが出来ました。キーワードは「見える化」です。会社の中を見えるようにして、Webサイトに会社の活動や社員の紹介・イベント・トピックス等々、社外の人達に協立製作所を良く知って貰おうということです。そうした「見える化」活動を通じて、協立製作所に興味を持ち応募してくる人が、Webサイトを通じて協立製作所の活動を我々と共有し、入社前と後の仕事に対するギャップを少なくすることができ、そうすれば入社後も違和感無く仕事に徒事できると思います。

 もう1つのきっかけは、昨年、茨城大学で私がボランティアの講義を行ったことです。講義の地域連携論とは茨城県内で活躍している大企業・中小企業の経営者の企業理念・活動と産業界のダイナミックな活動を紹介して、学生に実経済の企業活動を考えさせることです。学生は講義のレポートを提出し単位を取得するわけですが、そのレポートを見ると、県内で世界シェアを取っている会社があるという驚きの感想が非常に多かった。我々の会社は油圧ショベルをコントロールするバルブの部品(スプール)で世界シェア45%を持っています。茨城県内に建設機械用油圧機器で頑張っている会社があるとは知らなかった。等々新鮮な驚きを表したレポートが多かった。協立製作所を知ってほしいと宣伝もしていましたが、完全なミスマッチであることを思い知らされました。

では、なぜ学生が実社会の企業活動を知らないのか考えてみました。テレビのコマーシャルに出てくる企業の名前は知っているが、中小企業は分からない。全国に企業数は260万社にあるが、その内、95%が中小企業です。しかし、メディアに露出する企業は残り5%の中のごく一部であることを考えると無理もありません。ましてや物づくりの現場など知る術もありません。

 私は子供の頃、東京の品川区荏原という所で育ちました。私の家の周りには畳屋さん・プレス屋さん・金属加工さん・靴屋さん等物作りの零細企業がたくさんありましので、工場の中を覗いたり、靴を作っている所をしゃがみこんで見ていたり、生活の中に物作りがありました。日本でバブルがおこった1980年代、物作り企業の工場は地方・海外へと移っていきました。一部の零細小企業は東京に残りましたが、大田区にある京浜工業地帯といわれる地域にある「もの作り企業」はバブル時に    約10,000社ありましたが、2000年の頃には半減したといわれています。東京から都市部から生活の中に物作りの現場が消えていきました。従って多くの学生が物作りの工場を知らないのは、生活の中に物作りが無くなって来たからだと思います。我々の会社を知らないことは、学生に問題があるのでは無く、我々自身に問題があり、努力が足りなかったと思いました。

以上、述べた経緯で、今回Webを活用して社員・地域社会・茨城県・日本・世界の人に協立製作所を知っていただき、我々の会社の企業活動をPRしていきたいと思った次第です。社長ブログはその一貫です。

これからも宜しくお願いいたします。

ご利用にあたって

新しく成人に仲間入りされた4人の方に改めてお祝い申し上げます。成人になりますと権利と同時に社会に対して義務と責任が求められます。頑張ってください。

お客様賀司交歓会の状況を説明します。各社長の年頭の挨拶は大変厳しい経済状況で、在庫調整が終わる4月ごろから回復するが、生産量は半分位の見通しであるとのことでした。
このような状況では入るお金が限られていますから、出るお金を少なくするしか方法がありません。その方法を皆で考え、皆で知恵を集めて実施することが大事なことです。しかし経費削減の考え方だけでは効果は限定的になると思います。

今こそ忙しいときに出来なかった改善を実施し、来るべき回復時に生産性の高い筋肉質の会社に変革しなければなりません。
具体例として、古い設備を停止させても最新の設備をフル稼働にし、生産性を飛躍的に向上させる等のことが考えられます。
品質の問題を起こさない。社内で発生させた不良品の原因を探し出し、対策をたて実施する。社内の不良率を飛躍的に少なくすれば、お客様クレームがなくなり、信頼を勝ち取ることが出来ます。
皆でこの世界同時不況を乗り切って行きましょう。

続きを読む

新年挨拶

新年明けましておめでとうございます。
昨年は9月のリーマンショックによるアメリカ発の金融危機の影響で世界同時不況の様相を呈してきました。我々もこの影響を受け、2008年の前半は過去最高の受注と生産でしたが、後半は過去に例のない受注の減少と生産の急激な縮小のため、売上高も計画比20%減少が予想される厳しい年となりました。

2009年の予測は、実質国内総生産(GDP)の伸び率で08年度マイナス1.0%に続き09年度はマイナス0.9%となり、10〜11年前に起こった山一證券など大手金融機関の破綻やアジア通貨危機以来の2年連続マイナス成長が予想される厳しい年になるものと思います。回復の条件としては①アメリカの新政権が打ち出す景気対策の効果がいつ出るのか②中国など新興国の安定成長③金融市場の混乱収束が必要条件であると言われています。まさに日本の景気回復は輸出に頼らざるを得ない面があるからです。我々の会社は輸出関連の売上が80%を占めるわけですから、輸出が回復しないと売上の回復は期待出来ないと思います。お客様の急激な在庫調整が1〜3月で一段落し、4月から需要にあった生産量に回復するものと思われますが、その生産量は3・4年前のレベルになる大変厳しい年になると予想されます。

昨年10月に打ち出した重点五項目の対策「①勤務体制の変更②残業時間の規制③在庫・仕掛品の大幅な削減・④刃具工具・消耗品・油の削減⑤作りすぎ・買いすぎ禁止」と生産管理システム改革が基本になりますが、まだ十分な効果が出ていません。

この危機に際して全員がコスト意識を持つことを求めます。昨年暮れに配管のエアー漏れが42箇所発見され既に24箇所が修理され、部品がそろう20日までに全箇所の修理が終わります。10月から経費の削減をお願いしましたが、エアー洩れの発見に3ヵ月もかかってしまいました。その間コンプレッサーが回り続け電気代を垂れ流していました。あまりにもコスト意識が欠如しているといわざるを得ません。これは一つの事例です。このような事例が他にもたくさんあると思います。全員が危機意識とコスト意識を持ち、日々の業務に取り組んでください。そして2009年を生き残り、体質改善が進んだ時に、真の中小企業から中堅企業に生まれ変わった最初の年であるといえる年にしたいと思います。しかし、「経営を変革する」と言っても、短期的な構造改革だけでは十分ではありません。今こそ我々は協立の強みであるスプールに代表される部品の一貫生産の競争力を更に強くしていくことです。これらを武器にしてOEM製品であるポンプやバルブの競争力を強化していくことです。一方弱みは生産管理システムの運用の悪さや不良品の多発から来る生産性が悪さです。我々は、改善点は分かっています。全員が一緒になって改善しましょう。真の中小企業から中堅企業に変革し、挑戦と創造をコンセプトに「他社よりも優れた品質・コスト・納期で適格にお客様に対応し信頼性の高い会社」を目指して頑張りましょう。

しばらく続くと予想されるこの状況を「思っても見なかった不幸な時期」として首を引っ込めて過ぎるのを待つか、それとも「いまこそ企業力再構築のチャンス」と捉えるかで、その企業の将来はまったく違ってくると思われます。

以上で年頭の挨拶といたします。

最近のエントリー

カテゴリ

月別に見る

検索


ページ先頭へ